title
10

50代からのおしゃれ学。寒暖差調整を楽しむ

4月も半ばをすぎ、かなり春らしい陽気になってきましたが、朝晩の寒暖差にふりまわされてしまうのも事実。私は、海沿いに住んでいた時に、おしゃれを気候や温度、湿度からも考えるようになりました。天気予報を見て、1日中気持ちよく快適に過ごせるように考えるようになったのです。春先の寒暖差には、脱いでも邪魔にならず(バッグの中でまるめることができる!)、重ね着がしやすい、そして何より通気性と保温性があるコットンやシルク素材のジャケットが重宝します。

50代からのおしゃれ学。寒暖差調整を楽しむスライダー1_1
50代からのおしゃれ学。寒暖差調整を楽しむスライダー1_2
50代からのおしゃれ学。寒暖差調整を楽しむスライダー1_3
50代からのおしゃれ学。寒暖差調整を楽しむスライダー1_4
50代からのおしゃれ学。寒暖差調整を楽しむスライダー1_5
50代からのおしゃれ学。寒暖差調整を楽しむスライダー1_6

花柄のコットンのジャケットは、デニムのオーバーオールに羽織ればカジュアルに、インディゴのサッシュベルトとパールのネックレスをONすればドレッシィにも。さらに、冷える日には、上からもう一枚、無地のシルク(刺し子)のショートジャケットをレイヤード。1枚目で着て、装いのアクセントにもなり、軽やかに羽織れ、さらにボタンを留めればブラウスのようにも見える薄手のものを選ぶと重宝しますよ。

花柄ジャケット#マッタ
オーバーオール#モイ
カゴ#cow’n
ネイビーのキルティングジャケット#トワヴァース
ワイドパンツ#ル・ピボット
サッシュベルト#エテール

岡本 敬子

アタッシェ・ド・プレス、「KO」ディレクター。文化服装学院スタイリスト科卒業後、スタイリストオフィスに入社。その後、大手アパレル会社のPR部門にて国内外のブランドのPRを担当。独立し、アタッシュ・ド・プレスとして複数のブランドを担当しながら、2010年に自身のブランド「KO」を立ち上げている。現在はnanadecorにて「KO」ラインを、千駄ヶ谷のショップ「Pili」のディレクションも手がける。instagram:@kamisan_sun

 

『好きな服を自由に着る』

岡本敬子 著 光文社 1500円(税別)


流行りのものを追うだけが、お洒落じゃない。着心地が良くて自分が本当に愛せるものを、いつでも気持ちよく身にまとう。そんな大人は、いつだって楽しそうで、かっこいい。ファッション業界にもファンを多数持ち、あこがれの的であるアタッシェ・ドゥ・プレス 岡本敬子さんによる、初のスタイルブックがついに完成しました。天気や日差しによって着るものを決める。色や柄は大胆に使う。小物をピリリと利かせる。動きやすく快適、だけど上品。めくるめく敬子流コーディネートをたっぷり詰め込んで、ページをめくるたび、ファッションがもっと好きになる1冊です。


岡本さんのインタビューはコチラ>>