title
2

ビジネスシーンには会話の弾む着こなしを【5日間コーディネート】

京都の禅寺にて生まれ育ち、着物を日常着とする伊藤仁美さん。
着物の礼節を重んじつつ、ファッションとしての着こなしも存分に楽しんでいます。面白いのは着物や帯、小物選びだけでなく着こなしにも理由があること。誰に会うのか、どこへ行くのか。時間は、季節は——。彼女の着物セオリーには、洋服にも取り入れられる“セルフプロデュース”のヒントがたくさん潜んでいます。

ビジネスシーンには会話の弾む着こなしを【5日間コーディネート】スライダー1_1
ビジネスシーンには会話の弾む着こなしを【5日間コーディネート】スライダー1_2
ビジネスシーンには会話の弾む着こなしを【5日間コーディネート】スライダー1_3
ビジネスシーンには会話の弾む着こなしを【5日間コーディネート】スライダー1_4
41歳/着物家/163cm

「ビジネスシーンでは、どんなシチュエーションで誰に会うのか。そしてその日の自分の役割を意識して、失礼のないように着物から小物まで丁寧に選びます。

中でも大切にしているのは、男女も世代も国も問わずに誰が見ても良いなと思える着こなしをすること。ふんわりとした柔らかな縮緬地や、淡い色、控え目な柄を選び、前に出過ぎないようにしています。

それから季節感を出したり、ストーリーのある柄、趣向の凝った着物や帯を選ぶなどして、初めましての方とも楽しくコミュニケーションができるよう準備をして出かけます」(伊藤さん)
 

着物との相性もいい、横長のハンドバッグ

 

「白いバッグを選び、清潔感を出しました。また、お仕事では資料をいただいたり名刺交換をすることが多くあります。両手は常に使える状態にしておきたいので、腕に通せるハンドバッグを持ちます。

とは言うものの、着物と大きなバッグはあまり相性が良くありません。今回の横長のハンドバッグはコンパクトではあるけれど、見た目以上に荷物が入ります。着物と合わせても相性がよくとても重宝しています」(伊藤さん)
 

撮影/目黒智子
スタイリング・モデル/伊藤仁美
取材・文/笹本絵里
構成/川良咲子(編集部)

伊藤 仁美さんの他の着こなしはこちら>>

墨筆で抽象的な花が描かれた付け下げの着物#小田章
孔雀の羽根袋帯#小田章
草履#伊と忠
鮫小紋の型押しレザーのハンドバッグ#緙室 sen

HITOMI ITO

伊藤仁美。京都祇園の禅寺に生まれ、和の空間に囲まれて育つ。2015年より活動の拠点を東京に移し、着付けサロン「enso」をオープン。同時に着物暮らしを始める。国内外にて講演やセミナー、イベント出演や、雑誌・広告などで着付やスタイリング、そしてモデルとしても活躍中。アート作品にも多数参加、海外メディアにも取り上げられる。現在は一児の母として、着物で過ごす日々にある豊かさも発信中。また、令和元年5月1日に「enso japan」プロジェクトが始動。第一弾としてニューバランスとコラボレートしたムービーが同日に配信された。http://www.hitomi-ito.com