美容にまつわるお悩みやコスメについてのあれこれを専門家や美容のプロがアドバイス。今回は、友だちには相談しにくい、乳首のお悩みにお答えします。

写真:shutterstock


みぽるさんからの質問

Q. ここ数年で乳首がくすんできました…。良い美白方法があれば教えて欲しいです。


いつも楽しく拝見させていただいています。お恥ずかしいのですが、ここ2~3年で乳首が大きくなり、くすんでいて見た目的に気になっています。また、色がピンクなら多少ごまかせると思うので、よい美白方法もあれば教えてください。



教えてくれたのは、ウォブクリニック総院長・高瀬聡子先生

A. 乳首のくすみの原因はいくつかあります。


みぽるさんのように乳首に悩む方は結構いらっしゃるんですよ。乳首はくすみます。その原因はいろいろとあって、そのケア法もさまざまです。

一番多いのは、かかとやひざの黒ずみと同じ色素沈着によるもの。乳首が色素沈着? とお思いでしょうが、お洋服の摩擦はまさにそう。サイズの合っていないブラジャーなどもそうですね。授乳なども挙げられます。
他には、ホルモンバランスの影響で乳首が黒ずむケースもあります。ただし、大抵は女性ホルモンが減り始めると色素が薄くなるため、以前に比べ気になることもなくなるかと思います。

それでも、「どうしてもくすみが気になる場合」は、クリニックで施術やお薬を処方してもらう、もしくは、市販の乳輪の色素沈着を治療する外用薬、化粧品の使用をおすすめします。化粧品の場合は、美白美容液、クリームを塗ることをおすすめします。ただし、顔より体のほうがターンオーバーが遅いので、化粧品を使ったお手入れは時間がかかることを覚えておきましょう。
 

PROFILE
  • 高瀬聡子先生/ウォブクリニック中目黒 総院長東京慈恵会医科大学卒業後、皮膚科医として勤務。2007年にウォブクリニックを開院。共著書に「いちばんわかるスキンケアの教科書」(講談社)
(この記事は2017年10月4日の再掲載です)
構成/八木啓子 

 

ビューティのお悩み回答者一覧