写真:shutterstock

Mamimamaさんからの質問

Q. 季節を問わず冷え性です。本格的な夏に備えて今から出来る改善方法を教えて下さい。


暖かな時期でも冷え症に悩んでいます。今から夏の時期にできる、冷えの改善方法を教えて下さい。特に腹痛があり、温かい飲み物に変えたり、長ズボンを履くようにしても、なかなか改善しません。



チームmi-mollet 松本千登世さんの回答

A. 血液を温めて、全身を巡らせる入浴を

 

“異常”ともいえる我が国日本の夏。電車に乗っても、ショップに入っても、もちろん会社に行っても効きすぎた冷房に、屋外と屋内の気温差に体がついていかない。寒い季節よりもむしろ、冷えが気になる、そんな声をよく耳にします。

バランスの取れた食事も適度な運動も、もちろん必要。そのうえで、何より効果的なのは、「入浴」だと思います。全身に「熱」を行き渡らせるのは、血液の役割。お風呂なら、物理的に血液を温めて、全身を巡らせることができるからです。
特に、炭酸の入浴剤を活用すれば、効果は倍増。おすすめは、清涼感をもたらしながら全身を温めるバスクリンの「きき湯清涼炭酸湯」。毎日の入浴に使うのはもちろん、冷えがひどいときには、贅沢にまるごと1本入れて、芯から温める。ここだけの話、まわりの美容のプロたちで「まるごと」を取り入れている人、意外と多いみたいなんです。ぜひ一度、お試しを。  

温泉ミネラル(重曹)と炭酸ガスの入浴剤。疲れた体にもおすすめ。 きき湯清涼炭酸湯【医薬部外品】360g 全2種 ¥838(税別・編集部調べ)/バスクリン お問い合わせ先/バスクリンお客様相談室 tel. 0120-39-8496

 

PROFILE
 取材・文/長谷川真弓 

 

皆さんの美容に関するお悩み、ご相談を募集中です。
応募はこちらから。
  【注意事項】
※ご応募にはミモレの会員登録が必要です。
※ほかの方の質問と重なる場合や、ご質問の内容によっては、お答えしかねる場合があります。また、回答にはお時間をいただく場合がございます。ご了承ください。

前回記事「べたつかず効果も長持ち! アウトドア派におすすめの日焼け止め」はこちら>>

ビューティのお悩み回答者一覧