4

眉はペンシルでなく、パウダーで描く

 

ミモレ世代に試してほしい「ラフな太眉」

 

before
「自眉は細く、短いです」と自己分析。ペンシルで仕上げるとキツイ印象になってしまうため、断然パウダー派。

STEP1 パウダー  ポイントは大きめな眉ブラシ

 

とにかく、このアディクションの眉ブラシが最高なんです。毛の了が通常の眉ブラシのほぼ5、6倍くらい大きい。それにより緻密なラインが描きたくても描けない(笑)。毛の生えている部分をなぞっていくだけです。眉頭には薄めのパウダー。毛があまり生えていない部分は濃いめのパウダーでなぞるだけ。地眉が細い人は、眉の下側のラインを少しオーバーぎみになぞるようにしてください。今まで見たことのないような優しい表情になりますよ(笑)。

<上から>毛が密集した幅広の平筆は、トレンドのナチュラルな太眉が失敗知らずで描けます。アディクション アイブロウブラシ¥3500/アディクション ビューティ ロングセラーとなっている名品パウダーは、さすがの色み&テクスチャー。奥行きのある眉が描けます。ケイト デザイニングアイブロウN EX-4 ¥1200/カネボウ化粧品