シャツは着方次第でスタイルアップも叶えてくれる大人の女性に欠かせないアイテム。そこで、ちょっとした着こなしで美人度をあげてくれるシャツの着こなしをピックアップしました。100人100様のシャツの着こなし、ぜひご参考に。

『大人シャツの着こなし厳選スナップ100』を一挙に見る>>

必見! 白をシックに魅せるスタイリング術

NAOKO'S コメント


もともとバランスが良い、プラス、ショートヘア、艶っぽい赤リップ。そして顔周りに視線を集めるグラフィカルなピアス。この格好よさは、もって生まれたもの+さまざまな工夫があります。自分のテイストをセグメントする、自信があるところをアピールする。学びたいものですね!

『大人シャツの着こなし厳選スナップ100』を一挙に見る>>


涼感の秘訣は”白”と”素材感” 爽やかパンツルック

 

NAOKO'S コメント


品の良いマリン配色が、クールにスタイリッシュに見えますね。トップスとボトムスの、丈やボリュームのバランスが◎!

『大人シャツの着こなし厳選スナップ100』を一挙に見る>>


注目!カジュアルをアップグレードする色と小物合わせ

NAOKO'S コメント


シンプルながら、華やかさのあるデニムスタイル。襟が小さく、少し後ろに抜いて着るようなストライプシャツが、マニッシュで良いですね。インディゴでなく、シルバー色のデニムとの相性もばっちり。小物は黒でまとめて、全体的にシックに結論付けているのも、潔くて素敵です。

 


「大人シャツの着こなし厳選スナップ100」では、シャツの着こなしが100コーデ一挙に見られます。少し肌寒い日や毎日の通勤、きちんと見せたい日に。シャツを味方につけるだけで、おしゃれの幅がグンと広がること間違いなしです。

『大人シャツの着こなし厳選スナップ100』を一挙に見る>>
 

【40代コーデ】一覧ページを見る>>

おしゃれのヒントは、やっぱり街にある「SNAP! SNAP!」はこちら>>

「今日なに着よう」が見つかる「なに着る?検索」はこちら>>

着こなしのトレンドがわかる「今日、なに着てる?」はこちら>>

大草 直子

大草直子
1972年生まれ。大学卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。雑誌「ヴァンテーヌ」の編集に携わったのち、独立。新聞、カタログを中心にスタイリング、エディトリアルをこなすかたわら、広告のディレクションやトークイベント出演、執筆業にも精力的に取り組む。2015年1月よりWEBマガジン「mi-mollet(ミモレ)」の編集長、2018年7月には、ミモレのコンセプトディレクターに就任。 近著に 『大草直子のSTYLING &IDEA』(講談社)がある。プライベートでは3児の母。

(この記事は2019年7月24日時点の情報です)