特有のサラッとした風合いで、涼しく、夏に欠かせないリネン素材。とはいえ、ナチュラルな風合いがゆえに、どこかぼんやり見えがちなのも気になるところ。そこで知りたいのが、脱・ほっこりなリネンの着こなし。シャープで洗練されたスタイルの秘訣、ご覧ください。

『夏のリネン素材、洗練ルック50』を一挙に見る>>

171cmがキレイにはけるクラネのリネン素材パンツが主役

RITSUKO'S コメント


カーキやベージュを使ったドライな配色なのに、どこか女性らしさを感じさせる着こなしが素敵ですね。カーキのパンツもミリタリーテイストなものではなく、ナチュラルなリネン素材にしていたり、足元に華奢なフラットサンダルを合わせていたり、ひとつひとつのアイテムがとても大人っぽく上品なので、洗練されたカジュアルに仕上がっています。

『夏のリネン素材、洗練ルック50』を一挙に見る>>


 リゾーティーなワンピースを×デニムでタウン仕様に

NAOKO'S コメント


素材、色、柄が涼しげでドライで素敵です。夏の暑い日もジメジメした雨の日も、おしゃれで、こんなふうに気分転換したいですよね! 周りの人にもハッピーが伝播しそう。

『夏のリネン素材、洗練ルック50』を一挙に見る>>


夏のレイヤードはリネン素材で涼を求めて

 

RITSUKO'S コメント


個性的なアイテムを組み合わせながら、きちんと全体で調和がとれているのは、素材と色を統一しているから。アクセサリー使いもおしゃれです!
 

『夏のリネン素材、洗練ルック50』を一挙に見る>>

【40代コーデ】一覧ページをみる>>

おしゃれのヒントは、やっぱり街にある「SNAP! SNAP!」はこちら>>

「今日なに着よう」が見つかる「なに着る?検索」はこちら>>

着こなしのトレンドがわかる「今日、なに着てる?」はこちら>>

大草 直子

大草直子
1972年生まれ。大学卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。雑誌「ヴァンテーヌ」の編集に携わったのち、独立。新聞、カタログを中心にスタイリング、エディトリアルをこなすかたわら、広告のディレクションやトークイベント出演、執筆業にも精力的に取り組む。2015年1月よりWEBマガジン「mi-mollet(ミモレ)」の編集長、2018年7月には、ミモレのコンセプトディレクターに就任。 近著に 『大草直子のSTYLING &IDEA』(講談社)がある。プライベートでは3児の母。

大草 直子

望月律子
1975年8月15日生まれ。アシスタントを経て、独立。現在は、女性誌、カタログなど幅広く活躍中。ベーシックな定番アイテムでこなれ感を出すスタイルが得意。自宅インテリアなどへの取材も多い。