ブルーやインディゴデニムとはまた違う魅力をもつ、ブラックデニムが人気です。カジュアルかつ辛口な印象ながらも、逆に着る人の女性らしさを際立たせてくれる効果も。43人の着こなしから、そのヒントをピックアップしました。

『【40代コーデ】NEXTデニム!ブラックデニムコーデ36』を一挙に見る>>

 

シーンを選ばないチェックのジャケットが大活躍!

 

NAOKO'S コメント


ステキなジャケットスタイル! 大人になると、ジャケットの着こなしがまた楽しくなりますよね。モノトーンで色を抑えているからこそ、シルエットの美しさやバランスの良さが際立ちます。

 

『【40代コーデ】NEXTデニム!ブラックデニムコーデ36』を一挙に見る>>

 

Tシャツ×デニムをシックに昇華するジャケットとバッグ

 

NAOKO'S コメント


シンプルな着こなしが、驚くほどスタイリッシュです。髪の分量や、バッグの持ち方、すべてがおしゃれ♡

 

『【40代コーデ】NEXTデニム!ブラックデニムコーデ36』を一挙に見る>>

 

女度高めのブラックデニムスタイルで

 

NAOKO'S コメント


「全身黒」なのに、決して重たく見えないのは、きれいに抜けたデコルテと素足合わせのシューズ。やっぱり、「肌」の存在は、抜け感、軽やかさには必要ですね。

『【40代コーデ】NEXTデニム!ブラックデニムコーデ36』を一挙に見る>>


【40代コーデ】一覧ページをみる>>

大草 直子

大草直子
1972年生まれ。大学卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。雑誌「ヴァンテーヌ」の編集に携わったのち、独立。新聞、カタログを中心にスタイリング、エディトリアルをこなすかたわら、広告のディレクションやトークイベント出演、執筆業にも精力的に取り組む。2015年1月よりWEBマガジン「mi-mollet(ミモレ)」の編集長、2018年7月には、ミモレのコンセプトディレクターに就任。 近著に 『大草直子のSTYLING &IDEA』(講談社)がある。プライベートでは3児の母。