先日、表参道スキンクリニックにウルトラセルを
施術してもらいに伺いました。

 

 

 


皮膚科は私の遊園地ですが笑、まだまだ敷居が高いと思ってる方も多い美容皮膚科。

しかも先生を前にいろいろ聞けないと仰る方もいるし、
ここでこんな施術したよ!と公開している人も少ないから
どこで、どの先生で、
どんな施術が良かったかという情報を得るのは
なかなか難しいのが現状ですよね。


私は美容のインスタをやっていて
皆さんに知っていただけるチャンスがあるので
美容皮膚科のお話は、内容と担当ドクターが
良いなと思ったらお受けしています。

という訳で今回はモニターです。

 

高周波のリフトアップの機械って本当にたくさんあって
ウルセラ、ウルトラフォーマー3、シュリンク、ハイフ、ユーティムス
今回のウルトラセル。

まず、何が違うの?
という疑問。


施術前にお伺いしてみたら、
ウルセラが先発品で、それ以外は後発。
メーカーによって名前が違う。


との事。

あー。納得。すごくスッキリ。


じゃぁ何が違うのって話なのですが、やはり施術者ですよね。
当てる先生によって全然違ってくると思うのです。


ナースで施術するクリニックもあるけれど、出力の違いや当て方のセンスがあるかと思います。
やはりドクター施術が好きだなぁ。


この系統の機械は、鈍痛?刺すような痛みなのですが
今まで別の病院で当てた時は麻酔なしでなんとか耐えていました。
今回はドクター施術で出力強めとのことなので
笑気麻酔をしました。


鼻から吸い込むのですが施術中はふわっとして、気持ち悪くなく泥酔している感じ。
でも終わって5分もすれば、通常の状態に戻ります。


担当して下さった柳下先生は通称「柳下ハイフ」と言われるほど、
当て方が上手だそうです。

何はともあれビフォーアフター。

 

私は半年に1回あてているので、メンテナンス的な感じですがそれでも目の空き方と法令線が違う。
直後でこんな感じで半年かけてジワジワ上がっていくそうです。楽しみです。

私、こんな写真をミモレに載せていて大丈夫なんだろうか笑?