夏から秋に向かうタイミングで、着こなしのブリッジとなってくれるデニム。そこで、カジュアルにシックに…自由に楽しむ、スタイリスト大草直子流デニムスタイルをご紹介します。

『【大草直子コーデ】大人のデニムは自由に楽しく!スタイル24』を一挙に見る>>

 

コスパ抜群!「ミラ オーウェン」のデニムで着こなしアップデート

 

お値段8000円というデニムは「ミラ オーウェン」のもの。黒のトップスとシューズで引き締めることで、カジュアルなデニムもシックに見せてくれます。
デニム/ミラ オーウェン ブラウス、サンダル/イザベル マラン バッグ/ドリス ヴァン ノッテン
 

色落ちしていない黒デニムは、大人のカジュアルコーデに最適!

 

ロウ(生)デニムっぽい黒は、黒のパンツ代わりに使えてカジュアル過ぎない見た目もうれしいですね。裾のカッティングとダメージ加工が程よいアクセントに。
デニム/アズール バイ マウジー トップス/スタニングルアー バッグ/ヘレン・カミンスキー サンダル/ジャックロジャース


『【大草直子コーデ】大人のデニムは自由に楽しく!スタイル24』を一挙に見る>>


ベージュのリブニットと白小物で女っぽく

 

ベージュのリブニットに、小物も明るい色で統一して、女性らしい雰囲気に。秋にさしかかる、季節の変わり目にもおすすめのコーディネートです。
デニム/レッドカード ニット/ヴェルメイユ パー イエナ バッグ/マルニ シューズ/セルジオロッシ


切りっぱなしのデニムでジャケットコーデに抜け感を

 

かちっとしたジャケットやレザーのバッグを、カットオフデニムで程よくカジュアルダウン。裾のフリンジも効いています。
デニム/アッパーハイツ ジャケット、ブラウス/カオス バッグ/ルイ・ヴィトン


『【大草直子コーデ】大人のデニムは自由に楽しく!スタイル24』を一挙に見る>>



【40代コーデ】一覧ページをみる>>

大草 直子

大草直子
スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。2019年4月には新しい個人メディア『AMARC』を立ち上げた。著者は『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか多数。
Instagram:@naokookusa @naokookusa_styling @amarc_official

文/出原杏子