リストラも珍しくなくなった昨今。個人の力で仕事をしていきたい、と考える人も増えてきています。では独立したいと思ったとき、どのように行動を起こせばいいのでしょうか? SK-ⅡブランドPRを経て独立し、今や“伝説のPR”と呼ばれている土屋香里さんにお話を伺いました。

SHUGOMAMAさんからの質問

Q. 会社に依存しない働き方を見つけたい。でも、その糸口が見つかりません。


2年前に突然リストラされ、なんとか滑り込んだ転職先はパワハラで精神が壊れそうになり退職。今は契約社員で事務職をしています。正社員として頑張っても辞めさせられるし、契約社員もいつ切られても仕方がないと思い、会社に依存しないで自分にできることを会社の外でやりたいと思っています。でも何があるのかなあ、どうすれば見つかるのかなあ、と思っています。土屋さんなら何を考えられますか?(41歳)


土屋香里さんの回答

A. 40代以降の働き方は今まで培ったスキルと人間力の延長にあります。


会社に依存しない働き方を模索されるのは、これからの時代を生き抜く心がけとして、とても良いことだと思います。これからは大企業でも安定はありませんし、反対に個人でもスキルを持っていれば職はある時代だと思います。ただし「会社に依存しない働き方=安定」というわけではありません。むしろ、より不安定になるということは心に留めておいてほしいと思います。

そのうえで、「私なら何を考えるか」とのご質問ですが、まずは自分のスキルの棚卸しから始めると思います。SHUGOMAMAさんは現在41歳とのこと。41歳まで働いてこられているなら、今持っているスキルの延長に、これからの働き方があると思います。つまり、今までの経験をより強めることが、会社に依存しない働き方を見つける近道だと思うのです。自分は何を強みとしているか、あるいは何が足りないか、そこをどう埋めていくべきか……といった棚卸しを、一度されてみてはいかがでしょうか?

 
  • 1
  • 2