title
1

落ち着くのはやっぱり赤よりベージュ。大人リップの色選び

歳を重ねて、今までのメイクがしっくりこなくなってきた、メイクをしても顔色が冴えない、トレンドの取り入れるのが気恥ずかしい……といったお悩みを持っている方も多いのではないでしょうか? それは顔だちや肌質の変化のせい。昔覚えたままのメイクを今こそ更新するタイミングなのです。とはいえ、どんなブランドがいいの?どんな色や質感がいいの?とメイク迷子に陥りがち。

ミモレのブロガー、40代の山根亜希子さん奥村真理子さんも新しいメイクに挑戦できず、ワンパターンになりがちと言います。
そこで40代からのベーシックメイクを更新するためのコツを美容エディターの大塚真里さんにレクチャーしてもらいました。
今回はベージュリップの選び方です。

ミモレの人気ブロガーの山根さん(左)と奥村さん(中央)、そして大塚さん(右)



ブロガーさんと色選び。 40代の顔が地味にならないベージュリップの色とは?


「今の40代がメイクを覚えたての頃は、アイメイクが全盛の時代。目元を濃くして口元に手を抜いている人も多いかもしれません。濃いリップを塗っている場合、あとはファンデと眉だけ、みたいなレトロなメイクをしている場合も。メイクの更新をしてトレンドを取り入れつつ、年齢や顔立ちにあった質感や色味を見極めることが大切です」(大塚さん)

ブロガーの山根さんと奥村さんも、たくさんのベージュリップを前に「これ可愛いー」「これ似合いそう」と自分に似合う色はこれと決めつけないで、色々とトライ。

トレンドは赤リップですが、「気恥ずかしい」「唇だけが目立ってしまってバランスが取れない」という方もいるのではないでしょうか?
やはり普段使いにはベージュリップ。でも大切なのは色選び。若い頃からずっと同じ色、同じブランドを使っている人は要注意です。

 

「年齢を重ねていくと血色が悪くなり、顔のパーツも薄ぼんやりとしてきます。そこに、肌色に近いような彩度の薄い口紅を使うと顔色が悪く、顔がますます地味に。今、選ぶべきベージュリップはまず、程よい赤みと彩度がある色。さらにツヤと潤いがあるものだと、唇がふっくら見えるのでおすすめです」(大塚さん)

逆に選ばないほうがいいものは?
「マットな質感のものは唇を小さく見せ、老けた印象になることもあるのでメイク上手でない限り、避けるのが無難です。私たちが若い頃に流行ったグロスようなテカテカ、ギラギラした質感も、清潔感がないので避けましょう」(大塚さん)


OK&NGな色はこれ

ベージュリップも塗ってみると発色がそれぞれに違います。一見すると同じような色でも、下の色は白浮きしてしまい40代のくすみが強くなった肌にはNGです。

また、塗り方にもポイントが。
「ナチュラルなベージュなら唇の輪郭よりもオーバーぎみに塗ってみてください。自分が思うよりも外側を塗ることで、よりぷっくり可愛らしい印象になりますよ」(大塚さん)。