他人のマナーの悪さにいちいちイライラしてしまう、という人は多いのではないでしょうか? でもそれがエスカレートしていくと、自分自身が生きづらくなってしまうもの。芦屋のカフェ「ラ・スリーズ」のオーナーで、モデルとしても活躍するマダム・チェリーさんが、気分を変える秘訣を教えてくれました!

 

ココピコさんからの質問

Q. 歳をとるにつれて非寛容的になって生きづらい。何とか立て直す方法はありますか?


歳をとるにつれ、人の粗が気になる度合いが強くなっています。ちょっとトロトロ行動している人を見るとすぐにイラッとしますし、マナーを守らない人、周囲への迷惑に気がつかない人に対しても「あり得ない」「ちょっと考えたら分かるでしょう」などと、責める気持ちばかり持ってしまいます。若い頃はこんなに人のことなんて気にならなかったのに。まわりを見ると、皆、50歳頃からどんどん短気になったり、ワガママになっていったりしているような印象を受けます。この先、歳をとればとるほど非寛容になっていくのか。そうすると自分も疲れるし生きづらくなる。何とか改めたいと思うのですが、どうしたらいいのか分かりません。(49歳)


マダム・チェリーさんの回答

A. 綺麗なもの、美味しそうなもので心の隙間を埋めれば、イライラなんてしなくなりますよ!


きっと今がそういう時期なんだと思いますよ。若いときっていろいろと知らないことが多いし、仕事とか人付き合いとか、習得していかなきゃいけないことが山のようにあるでしょう? 自分のことで手いっぱいだから、人のことまで目がいかないの。でも年齢を重ねると、経験値が増えて何事も時間がかからなくなってくるし、子供も大きくなって手間がかからなくなってきたりもして、心がちょっと暇になるのよね。だから他人の粗に目が向いてしまうんだと思います。

 
  • 1
  • 2