うつに悩まされる人が増えている昨今。夫がうつ病を患った場合、妻はどう対応するのが良いのでしょうか? 夫たちが理解できない“妻の理不尽な行動のワケ”を記した著書『妻のトリセツ』が40万部超のベストセラーに。また待望の続刊『夫のトリセツ』も大反響を呼んでいる脳科学コメンテーターの黒川伊保子さんが、アドバイスをくれました!

 

ちゃまりんどさんからの質問

Q. 一度うつ病になった夫が、また病院に通い始めました。家庭内で夫を癒やすヒントを教えてください。


夫は50代。大学卒業後、長年勤めた会社で一度うつ病となり半年休みました。それから10年経ち、最近またこっそりと病院に通い始め、睡眠導入薬をたまに服用しているようです。私は栄養面など気を遣い、負担のないように見守るだけです。夫は3年前に一度転職し、その後は普通にしています。家庭内で夫を
癒やす暮らし方やハッピーになるヒントを教えてください。(46歳)


黒川伊保子さんの回答

A. 夫を癒やすには、実は【優しい沈黙】がベストなのです。


病気については、「こっそり」とか「見守るだけ」と言わず、一度ちゃんと話し合って、一緒に歩まれた方がいいように思います。これは私個人の体験談なのですが、夫は以前、うつ病と診断されて、3か月の長期療養を2度繰り返した挙句、3度目のメンタルダウンに向かったことがあります。その時に私は「今の治療では無理だな」と思ったので、知り合いの血液栄養学の専門家に夫を預けたんです。夫の場合は糖尿病の薬も飲んでいて、薬の飲み合わせも不安でしたので、そこで綿密な血液検査をしてもらったところ、うつ病ではないことが判明しました。夫は、薬によって血糖値が下がり過ぎて低血糖症を起こしていたんです。

それで薬を変えて、早寝早起きと食事療法をしたら一気に立ち直って、それからは何事もなく元気に定年まで働きました。メンタルダウンというのは、あらゆる原因から起こりますから、夫婦で情報共有し合って、本人が気づかないことを気づいてあげて欲しいと思います。

 
  • 1
  • 2