夫たちが理解できない“妻の理不尽な行動のワケ”を記した著書『妻のトリセツ』が40万部超のベストセラーに。また待望の続刊『夫のトリセツ』も大反響を呼んでいる脳科学コメンテーターの黒川伊保子さん。冷たい夫の行動に不信感を抱き、離婚を考えている女性に対して、「早まらないで」とアドバイスをしています!

 

ecoさんからの質問

Q. 本当に困ったときに助けてくれない夫。離婚を考えています。


現在、結婚2年目です。夫は普段は優しいのですが、いざ私が、仕事を変えざるを得ないような大病にかかった際に経済的に支えてくれなかったり、私が本当に悩んでいる際に適当にあしらったり、大事なときに助けてくれません。夫が甘えたい時、都合のいい時だけ夫婦で、肝心な時に力になってくれず、離婚を考えています。アドバイスをいただければとても嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。(27歳)


黒川伊保子さんの回答

A. 事の深刻さをきちんと伝えていますか? 夫は単に気づいていないだけだと思います。


「仕事を変えざるを得ないような」と書かれているということは、結果的にecoさんは仕事を続けられたということですよね? ならばecoさんの夫は、ecoさんが経済的に困窮していると思っていなかったのではないでしょうか。質問を拝見して、私の夫も、同じことをやりかねないと思いました。我が家は、夫がマンションのローンを払っていたので、代わりに生活費はほぼ私が出していたのですね。ですから、私の会社があまり上手くいっていなかった時も、夫はそのことに全く気がついていませんでした。それで最終的に、私がハッキリとSOSを出したのです。

 
  • 1
  • 2