margoさんからの質問
Q.
個性をアピールできる小物選びのポイントは?

シンプルかつ上質な選びぬいた物を、数少なく持ちたい! さらに、おしゃれでありたいと思うのですが、なかなか難しく……。特に、ちょっとした個性を表現する小物のセレクトのポイントってなんでしょう?
気分をあげるハイブランドにはなかなか簡単には手が出せず、とはいえ「なんちゃって」の若者アイテムでは気分があがらず……。ぜひ御指南ください。

スタイリスト望月律子さんの回答
A.
小物自体の色使いやディテールにこだわるのではなく、手持ち服の延長線上にあるデザインを選ぶこと!

margoさん、ご質問ありがとうございます。

まず、小物って不思議なもので、“シンプルなデザイン=合わせやすい”わけではないんですね。
皆さんは、バイカラーや多色使いのカラーブロックのアイテムって、インパクトが強いと避けがちかもしれません。でも、洋服の中の色とその小物の色をリンクさせれば、自然と統一感が生まれるんです。だから、意外かもしれませんが、単色のものより取り入れやすかったりします。

また、小物を選ぶときに大切なのは、自分のワードローブにきちんと寄り添っているかどうか。手持ちの服の延長線上にあるものを選ぶことをおすすめします。
ぜひ、クローゼットの中にある洋服のテイストを見直してみてください。ベージュやカーキなどのアースカラーが好きなのか? 白、黒、グレーのモノトーンが多いのか? 
例えば、アースカラーの服が多ければ、淡色のレパード柄ストールを。モノトーンの服には、ボルドーのような深みのある色のベルトをさし色にしても素敵だと思います。

自分の好きなテイストを把握したうえで、小物の色や柄、デザインを選べば、失敗も少なく使いまわしもできるはずです。

少し前に遡りますが、以前ブログに載せたコーディネートのように、インパクトのあるアニマル柄のバッグも、同系色でまとめたベーシックなコーディネートに合わせると、なじみやすく取り入れやすいです。

白のトップスにチノ風ガウチョパンツ。ベーシックカラーでまとめた装いには、アニマル柄のバッグで程よいアクセントを。一見、難しそうに思われがちなアニマル柄ですが、ベージュ×黒という定番カラーで構成されているため、意外と合わせやすいんです。

ちなみに、おすすめしたいのがバーニーズ・ニューヨークのオリジナル小物。
シンプルなんだけどちょっぴり遊びの効いたデザインで、かつ、使いやすさまで考えられた、まさに大人の女性に向けた芯のあるアイテムが豊富にそろってます。
ハイブランドよりも値段も手ごろなので、ぜひ一度のぞいてみてください!