G -Gさんからの質問
Q.
どうしたら流行や周囲に惑わされず、本当に欲しいものを見極めることができるのでしょうか?

年齢を重ねて「良いものを数少なく」をモットーに、必要以上に買い物をしないつもりと決めています。でも、実際には、雑誌やお手本にしている方のblogを読んで気に入ると、つい同じものがほしくなったり、お気に入りのセレクトショップを見ていると我慢できずについ衝動買いしてしまったり……。
その時は猛省するのですが、同じことの繰り返し。結果、クローゼットは服であふれ、一年前のものは出番がない、という状態です。どうしたら流行や周囲に惑わされず、本当に欲しいものを見極めることができるのでしょうか? アドバイスお願いいたします。
 

ミモレ編集長 大草直子の回答
A.
しばらく着る服に迷うのも、実は40代のおしゃれの答えへの近道かも!

G-Gさん、こんにちは。ご質問ありがとうございます。
この状態、私もそうですよ(笑)。もちろん、私はファッションを生業にしていますから、きっとみなさんより、たくさんの服を見、買い、身に着けているのかもしれませんが。服を買い、着る服に迷う。「今はそれで良い」と思っています。

よく着る服、登場回数の多いアイテムは、実は決まっていますが、40歳を超えて、毎日のスタイリングに時間がかかるようになりました。体型が変わり、気分も変わり。自分に問いかける毎日です。「これでいい?」「これは今のあなたらしい?」と――。

40代は、トライ&エラーを繰り返すときです。30代後半で決まった、自分のルールを一度壊すのです。もちろん、迷うし立ち止ることもありますが、必ず、この作業が「未来のおしゃれ」を導いてくれると思っています。40代をこのように過ごし、50代で地固めし、60代でいらないものや余分なものを見極め、クローゼットをとにかく小さくしていく――そんな未来予想図を描いています。60代で整えた小さなワードローブを、例えばそれは、白いシャツと、長年履いたデニムと、カシミヤのカーディガンと、真っ赤な口紅と――で、豊かで美しい人生を送るのが夢です(笑)

そして、「出会い」「買う」というある意味反射神経を研ぎ澄ます必要が時期だからこそ、「いらない」「捨てる」という運動神経も意識して! 私の場合、2シーズン着ない服は、決してこの先着ることはありません。オークションに出す、人に譲る、寄付する、などの方法で、その服の次の人生を見つけてあげましょう。この新陳代謝が、服を買わないことよりも大事だと思います。