黒やブラウンなどのダークカラーでマンネリになりがちな冬こそ、「白」を使った着こなしが効果的。1点投入でパッと明るく軽やかに変化します。また、旬のオールホワイトのコーディネートなら華やかさも満点。着こなし上手な30人のコーディネートをご紹介します。

『【40代コーデ】冬の白』を一挙に見る>>
一番上の大きい写真をタップすると、元の記事へ飛びます

 

冬に映える白のワントーン。スパイス小物で立体的な着こなしに

 

RITSUKO'S コメント


白のワントーンで女性らしくて優しい雰囲気。パイソン柄のシューズやキルティングになったバッグなど、柄や立体感のあるものを合わせることで、色を差しているわけではないのにメリハリが効いています。素敵ですね。

『【40代コーデ】冬の白』を一挙に見る>>
一番上の大きい写真をタップすると、元の記事へ飛びます

品よく着映え! エクリュカラーのワントーンコーディネート

 

NAOKO'S コメント


ラグジュアリーとは、高価なブランドやレアな素材を使うことだけではなく、こんな柔らかな色を繊細に重ねていくことだなあ、と再確認しました。街で淑やかに目立ちそうなエクリュカラーです♡

『【40代コーデ】冬の白』を一挙に見る>>
一番上の大きい写真をタップすると、元の記事へ飛びます

甘くならない淡色使い決め手はオレンジのスカート

 

NAOKO'S コメント


わかります! もう冬に飽きました(笑)。というわけで、偶然にも、わたしも今日マンダリンオレンジのパンツをはいています。気持ちを上げる、そんな着こなしのスタートラインもありますよね!

『【40代コーデ】冬の白』を一挙に見る>>
一番上の大きい写真をタップすると、元の記事へ飛びます

ほかの【40代コーデ】を見る>>

おしゃれのヒントは、やっぱり街にある「SNAP! SNAP!」はこちら>>

「今日なに着よう」が見つかる「なに着る?検索」はこちら>>

着こなしのトレンドがわかる「今日、なに着てる?」はこちら>>

大草 直子

望月律子
1975年8月15日生まれ。アシスタントを経て、独立。現在は、女性誌、カタログなど幅広く活躍中。ベーシックな定番アイテムでこなれ感を出すスタイルが得意。自宅インテリアなどへの取材も多い。

大草 直子

大草直子
スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。2019年4月には新しい個人メディア『AMARC』を立ち上げた。著者は『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか多数。
Instagram:@naokookusa @naokookusa_styling @amarc_official