今年を振り返る12月、私の新たなチャレンジの一つは、カレンダーの監修でした。

長年のコレクションである「紙モノ文具」を日替わりの366枚選び出し、日めくりの付箋カレンダーに監修した「日めくり付箋カレンダー2020~TSUTSUMIGAMI」

 

 

紙博や銀座伊東屋さんのイベントでもおかげさまで大人気でしたが

先日メーカーの社長さんから、「間も無く完売となりそうです」とのお知らせ。

嬉しくて泣きそうでした。

ヨーロッパの切手、ヴィンテージポストカード、ラッピングペーパー、昔の地図、などなど、数十年に渡り、蚤の市などで見つけては大切にコレクションしたもの、それらを、自分だけでなく、文具雑貨好きな方々にも1年をかけて愛でてもらえるなんて、、紙採集家、冥利に尽きます。

全ての写真は、昨年出版致しました「堤信子のつつみ紙コレクション」玄光社がベースになっています。https://amzn.to/38vNMHR

特徴は、めくった後も、日にちのところをカットするなどして、シールがわりに使えるようデザインしたこと。

いろんな使い方をあらためてご紹介しますと、、、

 

 

普通のノートや手帳に1枚ずつ貼って、スケジュールノートにしたり、

友人の誕生日に、その日の付箋をバースデーカードに貼って送ったり、

シールがわりにラッピングに使ったり、しおりを作ったり、

そのまま並べて、額に入れて飾ったり、

 

 

使い方いろいろで結構楽しいです。

ご興味がある方は、残りわずかですがご覧くださいませ!!

ネットでも購入できます。https://amzn.to/35qxRZi

 

 

 

 

 

あれから、さらに紙モノ文具が増えたので、収納がちょっと大変。

来年は、もっと工夫した収納を考えて、うまくいったら、ミモレに投稿しようと思っています。