クリスマス、そして年末年始のパーティシーズン、赤ちゃんや小さいお子さんにも大人と同じ、いつもより少し手をかけたメニューを食べさせてあげたい、と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

今回、本格離乳食グルメ漫画『宝ちゃん、あーん!』の単行本が発売されるのを記念して、漫画のレシピ監修を行ったイタリアンの巨匠・片岡護シェフが、クリスマスにぴったりの離乳食メニューを考案。

シェフが作るだけあって、ちょっと塩を足せば赤ちゃんだけでなく、大人も一緒に美味しく食べられるんです。それもとってもヘルシー!
子どもは何より大人と一緒のものが食べられることを喜んでくれることでしょう。

クリスマス、そして年末年始にぜひお子さんと一緒に楽しい食卓を囲んでくださいね!

本格離乳食グルメ漫画『宝ちゃん、あーん!』の試し読みはこちら>>
 

鶏胸肉のやわらかマリネ
フレッシュトマトソースとほうれん草のピューレ添え

(食べられる時期の目安:離乳食完了期〜)

 
 

<鶏胸肉のやわらかマリネ>

 材料(作りやすい分量)
鶏の胸肉 1枚(300g)
水(浄水したもの) 600cc
玉ねぎ(皮をむく) 1/2個
人参(皮をむく) 3~4㎝
セロリ(軸の部分) 1/2本
長ねぎ(白い部分) 1/2本
塩 適量

 作り方
① 鍋に水、薄くスライスした人参、玉ねぎ、セロリ、長ねぎを入れ、中火~弱火にかけ30分煮出す。
② 鶏肉は脂分を取り除いて、軽く塩をふっておく。
③ ①に塩を少々入れ、②を入れ、ふたをしてそのまま3分弱火で煮る。その後、火を止めて10分間そのまま放置しておく。
④ ③の鍋に粗熱が取れたら、煮汁ごと鶏肉をタッパーや器などに移して冷蔵庫に入れて冷たくなるまで冷やす。
⑤ ④の肉を厚さ1㎝ほどに薄くスライスし、トマトソースとほうれん草のピューレと一緒に盛り付ける。子供1人前で2~3枚(20~25g)が目安。
 

<ほうれん草のピューレ>

 材料 
ほうれん草 1/2束
オリーブオイル 小さじ1
レモン汁 小さじ1/2
塩 少々

 作り方 
ほうれん草は柔らかめに塩茹でし、水気を絞ってから根の部分を切り落とし、細かくたたいておく。
ボウルにほうれん草を入れ、オリーブオイル、レモン汁、塩を加え、よく混ぜ合わせておく。
 

<フレッシュトマトソース>

 材料 
フルーツトマト 小2個
オリーブオイル 小さじ1
レモン汁(お好みで) 小さじ1/2
バルサミコ酢(お好みで) 小さじ1/2
塩 少々

 作り方
トマトの皮をむき、半分に切って種を取り除き、0.5㎜の角切りにする。ボウルに入れて、オリーブオイル、レモン汁、バルサミコ酢、塩を加え、よく混ぜ合わせておく。


12月24日(火)発売の「イブニング」2号には、上記のレシピを使用した『宝ちゃん、あーん!』の読み切りが掲載されます!
単行本では読めないオリジナルストーリーとなっていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
 

 

『宝ちゃん、あーん!』

ウラモト ユウコ (著), 片岡 護 (著), 伏谷 恵美子 (監修) 講談社 1200円(税別)

普通の女子高生かよちゃんには、ある方の専属シェフの顔がある。
その方とは──従姉妹の宝ちゃん、御年0歳!!
日本で初めてグルマン世界料理本大賞を受賞した『ま・ごはん』の完全協力の下、「赤ちゃんのためだけ」がいっぱい詰まった異色の放課後「離乳食」グルメ漫画!!

コミックの試し読みはこちら>>

構成/イブニング編集部