祝!ミモレ5歳 今までもこれからも愛してる

ハッピーバースデー、ミモレ! もう5歳かあ。早い、早すぎる。創刊準備から含めると、6年くらいミモレの成長を近くで見させてもらっていますが、「大きくなったねえ」。親戚の子供が、半年ぶりに会った時に、すっごく成長していてびっくりする、あの感覚でしょうか。

 

私が編集長でスタートしたときは、年齢や属性に縛られることなく、自分であることを楽しみ、そして隣りの人と「比較することなく」「協力し合える」価値観を伝えることを使命にしていました。「あなたはあなたのままで美しい」というメッセージを、たくさんの方とシェアしたいな、と思っていました。その後、大森編集長が「あなたのチャームを表現するのは、おしゃれだけじゃないよ。あなたらしい興味や好奇心、もしかしたらコンプレックスや足りない、と思っていることだって。きっと、あなたを前に進めてくれる」と励ましてくれました。

そして今、川良編集長は、ミモレをさらに強くたくましく育て。一方で、「頑張り過ぎないこと。心と身体を休めて、スイッチをオフにする方法」を提案しています。「大きな一歩でなくて良いんです。自分のペーストタイミングで明日に向かいましょう」と、落ち着いたあの美声で私たちをエンカレッジしてくれています。

こんな声かけは、私を含め、確実に読者のみなさまの心に届き。「あ、そうだそうだ。頑張りすぎなくて良いんだ」と気づかせてくれます。家事に仕事に、子育てに介護。世代を問わず、私たちは頑張ることはできるけれど、休むことって意外と難しいんですよね。

あ、もしかしたらお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、得意なの。私、「休むこと」(笑)。あるとき気づいたんです。週末も仕事をし、毎日のスケジュールもクレイジー。遊ぶこともできなければ、家族とのコミュニケーションもままならず。最初は、「こんな日程を組んで」と人のせいにしていましたが、文句を言わない状況は、自分にしか作れない――と、最もスケジュールが混む時期の前に、必ず1週間程度の休暇をとることに。一番詰まっている日程をばらすことはできないけれど、その前にストレスリリースと充電をすませるようにしたら、ぐっと楽になりました。自分の辛さをわかってくれるのは、実は自分しかいない! 誰かに気付いてもらうことは期待せずに、自分でケアすることが大事だと思います。

と、お祝いメッセージが、最後は「休むことのすすめ」に(笑)。編集長のメッセージを、私なりに咀嚼してみました♡ 
おめでとう、ミモレ。そして、読んで下さっている皆様も、ミモレの家族だから、「おめでとう」。愛してるよ~、今までも、これからも。
 

【YouTubeの「mi-molletChannel」をチャンネル登録してさらに動画をチェック!】