最近何かと話題にのぼりがちな不倫問題。それだけでもやり切れないのに、そのうえ夫は稼ぎを失い、夫の両親の介護だけが残った、という環境に陥ったら、どうやって前向きな気持ちを保てば良いのでしょう? 心理学者の齊藤勇先生が、八方塞がりな状況を一気に打開する方法を教えてくれました!
 

 

aikooさんからの質問

Q. 浮気症の夫が自己破産。子供のために離婚はしないが、
夫の親の介護をしなければならないと思うと情けなくなります。


結婚して20年がたちます。しかし夫はこれまで何度も浮気をし、夜遊びし、最終的に事業がうまくいかなくなり自己破産しました。今は契約社員で働いています。子どもは大学生と中学生の男の子がいて、2人とも良い子に育ってくれているのが救いです。子どものためにも離婚せずに我慢して生きていくつもりでいますが、夫の両親と同居していて、新居も建ててもらえず、介護までしないといけなくなるのかと思うと情けなく、なぜ私ばかり不幸なのかと悶々としてしまいます。毎日、他人と自分を比べて辛くなります。どうしたら前向きに楽しい人生を生きていけるのか、心の持ちようを教えていただけたらと思います。(44歳)


齊藤勇先生の回答

A. 家庭内で事件が起きたタイミングで、自分の気持ちをハッキリ伝えてください。


結婚して20年ずっと夫の両親と暮らし、夫の浮気にも我慢をしてこられたのですね。「夫の事業」と書かれていますから、おそらく夫は自分で会社などを経営していて、うまくいっているときは経済的に余裕があったのではないでしょうか。だからいつかは新しい家など建てて優雅な老後を送れることを夢見て、夫が遊んでも我慢し、夫の両親の面倒も見ていた。それもこれもいつかは報われると思っていたから耐えられていたのに、夫は自己破産してその夢も潰えてしまった。残ったのは夫の両親の介護だけ、という状況になってしまったため、「何で私ばかりが不幸なのか」という気持ちに襲われるようになったのではないかと思います。

ですから前向きになるには、これまでの流れというものを一回思い切って断ち切らなければなりません。このまま同じような流れの中にいたのでは、何も変わりませんから。

 
  • 1
  • 2