美容やコスメが好きなあまり、なんだか顔だけ浮いてしまい、おしゃれに見えない原因は、服に合わせてヘアメイクが計算されていないから、と神崎恵さん。たとえば知的に見せたい日と、カジュアルな日のファッションでは、どのようにヘアメイクのバランスを変えているのでしょうか? 新刊『服が似合う顔が欲しい』から実例を紹介します。

知的に見せたいときのヘア×メイク×ファッション

ブラウス/ドゥロワー

神崎 恵
1975年神奈川県生まれ。3人の息子をもつ母。 16歳の時、原宿でスカウトされ芸能界デビュー。 同年、週刊ヤングジャンプ「全国女子高生制服コレクション」にてグランプリを受賞。 20歳で芸能活動から引退し23歳で結婚、出産を経験。 24歳の時にママ雑誌の読者モデルとなり、このころから少しずつ美容を仕事にすることを意識し始める。 その後、第2子を出産するも29歳の時に離婚。仕事や育児、住む所など様々な問題に直面しながらも、絶対に2人を幸せにしてみせると固く決意する。 読者モデル時代に出会った編集者から、美容の知識が豊富にあることを見いだされたことが大きなきっかけとなり、さまざまな美容関連のスクールに通い続け美容家を目指す。 薬局などで買えるプチプラコスメをblogやSNSなどで紹介することで話題となり、メイクセミナーやイベントを数多くこなし人気が出始める。 その後、再婚し第3子を出産。 現在は、家庭第一としながらも美容誌やファッション誌を中心に毎月数多くの雑誌、イベントなどで活躍中。また、アパレルブランドとの商品開発など、女性のかわいらしさを引き出すアイテムのプロデュースも行っている。《Instagram》megumi_kanzaki

「仕事や息子たちの学校の行事など、落ち着きと信頼感を印象づけたいときには、ノーブルな雰囲気をまとえる組み立てをします。肌や体は骨格を浮き立たせることで知的な印象を出し、顔の上はベーシックな色を使って静かな美しさを。服やメイクはシンプルにしながらも、ただの地味では終わらない深みを出す工夫をするのがポイント」

 

【神崎 恵さんの私物でつくる】
知的に見せる日のコーディネート

ジャケット/ティッカ ブラウス/ステラ マッカートニー パンツ/ジバンシィ バッグ/クロエ 靴/ジミーチュウ

「ジャケットとパンツを合わせたお仕事スタイルの時は、トップスで女性らしさをプラス。透け&フリルのブラウスと、硬い印象のジャケットが重なることで女らしい柔らかさが浮き立ちます」

 
  • 1
  • 2