外出自粛要請が続くなか、美容院も休業しているところが増えていますよね。ヘアカラーや白髪染めなど、定期的なメンテナンスが必要という方も多いはず。市販のヘアカラー剤は多種ありますが、今回はより高品質でパーソナルオーダーに近い色選びができる進化形ホームカラーブランドに注目。外出自粛要請が続く期間、気になる方はぜひチェックしてくださいね。

【外出自粛でヘアカラーはどうする?】美容師が教える「自宅で上手に染める」4つのポイント

■日本初の“パーソナライズヘアカラー”がWEB注文できる
「COLORIS(カラリス)」

 

WEBカウンセリングで自分の髪質や髪型、目指す髪色などを入力すると、およそ1万通り(!)の処方から個々に合わせたパーソナルなヘアカラー&トリートメントをカスタマイズして届けてくれる日本初のサービス。定期購入は、ライフスタイルに合わせて2・4・6・8週間から周期を選択することができ、色の変更も可能です。そこで、ブランド・プロデューサーの稲葉菜月さんにカラリスの特徴や使い方のポイントなどをうかがいました。

 

「カラリスでは、WEBカウンセリングに答えていくことで、その方が綺麗に仕上がるカラーのなかから、最終的に染めたい色を選択できるようになっています。人によって選択できるカラー数が違うのも特徴で、どのお色も仕上がりに関しては安心してお選びいただけます。また、美容室専売品のヘアカラーとして生産しているので、一般的な市販品に比べダメージが少なく、美容室のような高発色で艶やかなヘアカラーが可能です。薬事法に則り、法的な部分と安全性は担保しております」(稲葉さん)
 

■はじめて&久しぶりのヘアカラーでも安心のセット内容

 

いつもは美容室で、セルフヘアカラーは学生以来久しぶり…なんて方も安心。ヘアカラーとトリートメントに加え、ヘアカラーに必要な道具(ブラシ・カップ・手袋・イヤーキャップ・ケープ・染め時間指定カード)も全てプロ仕様のものがセットされています。道具を揃えるという手間もかからず、届いたその日にすぐ取りかかれます。
 

■ヘアカラーを行う際のポイントは?


「説明書通りに塗り進め、最後は手で全体に薬剤を揉み込むようにつけていくとムラなく染まります。染め時間も髪質や髪の長さによって指定しているので、その通りに放置した後に洗い流してください」(稲葉さん)

と、テクニック要らずで、とにかく簡単!美容師さんのようにブラシをうまく使いこなせるのか、ムラなく塗れるのか心配だった方もこれなら安心。ちょっと白髪が気になってきたな…という時にも、おうちで手軽にメンテナンスできますね。

外出自粛中で「美容院に行けない」という方たちのリフレッシュやストレス軽減に、また子育て中や仕事が忙しいなどでヘアカラーの時間が取れないというかたに、新しい選択肢として利用してほしい、と稲葉さん。気になる方はぜひお試しを。

 
  • 1
  • 2