シンプルな着こなしのときはもちろん、最近はオンライン会議での小道具などとしても大活躍の「メガネ」。でも、お洒落にかけるのはなかなか難しかったりしますよね。そこで、メガネを上手に取り入れて、洗練された印象に仕上げているお洒落な25人のスタイルをご紹介します。

『【40代コーデ】眼鏡25』を一挙に見る>>
一番上の大きい写真をタップすると、元の記事へ飛びます

軽やかなオールホワイトを黒縁眼鏡で引き締めて

 

NAOKO'S コメント


ストールの巻き方がおしゃれ! 白×グレー、の曖昧になりがちなスタイリングを、黒縁のメガネとバッグで、引き締めています。ベルト、ピアス、手元――上品なゴールド使いも必見です。身体に張り付かず、服と自分の間に少し空気が入るくらいの、サイズ感もとてもお似合い!

『【40代コーデ】眼鏡25』を一挙に見る>>
一番上の大きい写真をタップすると、元の記事へ飛びます

 

シンプルコーデには眼鏡で遊び心をプラス

 

ネイビーのニットにデニムというシンプルスタイルに効かせたイエローのバッグ。ころんとしたシルエットや素材感がキュートなバッグに合わせて、形はノーブルながら、主張のある黒縁の眼鏡をプラス。小物使いがいつもと違う雰囲気に引き上げてくれます。

『【40代コーデ】眼鏡24』を一挙に見る>>
一番上の大きい写真をタップすると、元の記事へ飛びます

オフィシャルなシーンでは引き算のオシャレが◎!

 

NAOKO'S コメント


アイスグレーの素敵なセットアップですね。実は、今季気になっているのが、セットアップ。スーツ、ではないこんな女性らしい組み合わせに、モードな眼鏡や靴とバッグ、理想です!


『【40代コーデ】眼鏡24』を一挙に見る>>
一番上の大きい写真をタップすると、元の記事へ飛びます

ほかの【40代コーデ】を見る>>

おしゃれのヒントは、やっぱり街にある「SNAP! SNAP!」はこちら>>

「今日なに着よう」が見つかる「なに着る?検索」はこちら>>

着こなしのトレンドがわかる「今日、なに着てる?」はこちら>>

大草 直子

望月律子
1975年8月15日生まれ。アシスタントを経て、独立。現在は、女性誌、カタログなど幅広く活躍中。ベーシックな定番アイテムでこなれ感を出すスタイルが得意。自宅インテリアなどへの取材も多い。

大草 直子

大草直子
スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。2019年4月には新しい個人メディア『AMARC』を立ち上げた。著者は『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか多数。
Instagram:@naokookusa @naokookusa_styling @amarc_official