先週末21日は父の日。そしてウィリアム王子のお誕生日でもありました。
ダブルで一家の主役となった王子、そして夫のために、恒例!キャサリン妃が撮影された超ラブリーな写真が公開されました!

チャールズ皇太子が結婚祝いとして贈られたブランコを撮影場所に選び、義理の父への感謝の気持ちとともに、愛する子供達と旦那さまの、幸せに満ちたプライベートのお姿をカメラに収められたキャサリン妃。

幼い頃に母ダイアナ元妃を亡くし、ご自身が叶わなかった家族揃っての日常を、3人のお子様達と今味わっていらっしゃる様子が、勝手ながら胸に詰まる想いです。

子供達の存在は偉大!そして、そんな家族をともに作ってこられた撮影者キャサリン妃も素晴らしい!と感動しきりの写真に魅了されつつ、お子様達のファッションにも注目!
というのも、堅実&節約家のキャサリン妃らしいブランドチョイスだったのです。

提供:The Duchess of Cambridge/The Mega Agency/アフロ

ジョージ王子:ポロシャツ/H&M
シャーロット王女:オールインワン/ジョンルイス ボーダーT/ボーデン 靴/ハンプトン・キャンバス
ルイ王子/ギャップ 靴/トロッターズ 提供:The Duchess of Cambridge/The Mega Agency/アフロ

きっとこの時もキャサリン妃が監修されたのでしょう(笑)。プライベートでの3人のお子様たちのファッションは、やはりカジュアルなスタイルでした。
現在の拠点が郊外のカントリーハウス、そして何より自然を愛するご一家だけに、動きやすく、汚れが目立ちにくいダークカラーのベーシックなアイテムが中心ですね。

ジョージ王子はオリーブグリーンのポロシャツ(H&M)。ルイ王子はネイビーのポロシャツ(GAP)。ケンブリッジ公爵家のプリンスのオフスタイルはポロシャツが基本です。
一方、紅一点のプリンセスはデニムのオールインワン(ジョンルイス)に、ボーダーTシャツ(ボーデン)。カジュアル素材ながらも、サイズ感や、ゼブラやフラミンゴなど、刺繍の色と靴の色がピンクで合わせられており、すでにお洒落センスの高さを感じさせる着こなしです。立ちポーズからも感じられたり?

それに加え、着用ブランドが全てプチプラブランドばかり!というのも、とっても興味深いですね!H&MやGAPはもちろん、ジョンルイスやボーデンも共にお手頃価格で英国人に大人気です。
実はプライベートでキャサリン妃がお子さま達の為に選ばれているお洋服は、H&MやGAP、ZARAといった、私達に馴染みのあるコスパブランドがとっても多いんです。

実際に、これまで目撃されてきたジョージ王子やシャーロット王女、ルイ王子のプライベートファッションをご紹介します。

 

ジョージ王子のプチプラファッション①:H&Mのダークグリーンポロシャツ
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Duke and Duchess of Cambridge(@kensingtonroyal)がシェアした投稿 -


これは、昨年ジョージ王子6歳のお誕生日を記念して公開された写真です。もちろんこれも撮影者はキャサリン妃。ご一家で、海外での夏休暇をお過ごし中、お召しになっているポロシャツはH&Mのものでした。最新のものとは少し色味が異なるグリーンのようにも見えますね。パンツは、滞在先の南の島に合わせて、ピンストライプです。

ジョージ王子のプチプラファッション②:H&Mのカーキポロシャツ

ポロシャツ/H&M カモフラージュのカーゴパンツ/ギャップ キャンバスシューズ/ハンプトン・キャンバス 写真:REX/アフロ

これも昨年、7月にウィリアム王子のポロの試合を応援にいらした時のファッションですが、やはりこの時のカーキのポロシャツもH&M。
パンツはカモフラージュのカーゴパンツで、こちらもGAPとコスパ系でコーディネートです。

幼い頃は、白やブルー系の正統派カラーが中心ですが、小学生を境にミリタリーカラーや柄へと変化し、これも王子自身の意思の表れ、成長の証といえるのでしょう。


ジョージ王子のプチプラファッション③:H&Mのボーダーのポロシャツ

写真:REX/アフロ

昨年8月、ご一家揃ってヨットレース、”キングスカップ・レガッタ”にいらした時のジョージ王子です。現地でプレゼントされたと思しき、キャプテン帽を嬉しそうに手に持ちながら、この日お召しになっていたボーダーのポロシャツともピッタリです。
実はこれもH&Mのもので、しかも2枚セットのお買い得パック。なんとも親近感!ですよね。

ボーダーは、キャサリン妃やケンブリッジ公爵家のお子様達の定番。ポロシャツでもマストです。

 
  • 1
  • 2