えびせんさんからの質問

Q.  唇のくすみが気になります。


コロナ禍でファンデーションを薄塗りしていることもあり、小さなシミや唇の色が以前に比べ暗く濁っているような気がします。唇のケアってどのようにすればいいのかわからず、皆さんが普段おこなっているお手入れ法を参考にしたいと思います。

 


チームmi-mollet 松本千登世さんの回答

A. ケアをしただけ効果が表れる、それが唇。

撮影/目黒智子

ほかの部位に比べてターンオーバーが速い唇。「荒れやすい」の裏を返せば、丁寧に、そしてこまめにケアをすれば、くすみやにごりに対してもそれだけ効果が表れやすい、とも言えます。
私自身、すぐに荒れるのが悩みだったのですが、捉え方を180度変えてから、以前よりは丈夫な唇になった気がしています。

私が愛用しているのは、タカミの「タカミリップ」。いつでもどこでも塗る、塗る、調子を崩しそうになったら厚めに塗る、調子を崩したらラップで覆う……など、唇の調子によって強弱をつけながらケアをしています。
デスクの横にもベッドの横にもドレッサーにもポーチにも忍ばせておいて、気づいたらいつでも。調子が良くても悪くても、入浴前に厚めに塗って、そのまま湯船に浸かれば、ふっくらつるんと明るい状態になります。

マスクで唇が荒れてしまうという人の予防対策に。 タカミリップ 7g ¥2200(税別)/タカミ お問い合わせ先/タカミ tel. 0120−291−714

不思議なもので、唇の調子がいいとメイクが楽しい! 手軽にできることばかり、ぜひトライしてほしいと思います。

PROFILE
 取材・文/長谷川真弓 

 

前回記事「頬がこけ老け見えする人に。痩せた肌をふっくらさせるスキンケア法」はこちら>>

ビューティのお悩み回答者一覧