久々に、家族で海へ。息子はサーフィンの練習。

前回に続き、ブロガーミーティングに寄せられた質問に、お答えします。

「今後の働き方、新たなスキルやキャリアアップについて考えていることは?」

まず、私たちの世代は、「以前は良かったわ。。。昔はこうでした」を口癖にするか、しないかの分かれ目だと思います。自分が20〜30代の頃は、こういうことを言っている上の世代の方を見ると、「年を取るとは、こういうことか」と思ったものです。 それが、気を抜けばそればかり自分が言いかねない年齢ですから、私は敢えて、そのように考えないようにしています。

まず、世の中の仕事が、コロナ禍で全て停滞しているかというと、そんなことはありません!国内外では、勢いのあるスタートアップがビジネスチャンスを捉えて急成長したり、古くから存在する地方の中小企業だって、新たな取り組みを始めているところもあります。私は仕事柄、経済、ビジネス、産業系のデジタル媒体の記事をたくさん読みます。そうすると、働く人たちが意欲的に奮闘する姿に、本当に感激します。沈みがちな時期でも、読むものを選べば元気が出ます。仕事や家事等で忙しくしていると、ネットで流布している情報を何となく眺める時間は無く、読んだ内容に自身の気分が左右されて落ち込むこともありませんでした。

テレワークの普及は、私たち世代の女性にとって、チャンスでもあると思います。これまで積み上げてきたキャリアを、もっと色々な場所で活かせるようになっている読者の方も多いのではないでしょうか。

先日、息子の誕生日に、レゴ・ブーストというプログラミングのおもちゃを買いました。夫がスクラッチを教えてくれるので、ロボットを操作して学び始めているところ。自分として、コアの専門スキルは既に持っているけれど、さらに幅を持たせていくのは良いことだと思っています。

日本の産業構造がどのようにシフトしていくのか、政府のお金はどこに注がれるのか等、横目で見ておく為に、政府の未来投資会議、経済財政諮問会議あたりの議論をできるだけフォローしておくのもお勧めです。どの業界で働く人にとっても(例えばファッション業界等も含め)、子を持つ親にとっても(教育や将来を考える上で)、分野横断的に今後に関する示唆を与えるものだと思います。