イギリスは実はコスメブランドが充実しているのをご存知ですか?買いやすいプチプラのコスメもから、英国王室御用達のフレグランスまで、幅広いラインナップで揃っています。おしゃれプロが愛用している逸品を紹介します。

 
 

関連記事
【英国ブランド名品】買いたい理由がちゃんとあるずっと大事にしたい服6>>


ジョー マローン ロンドンの香水

左:サイプレス & グレープバイン コロン インテンス 100mL ¥21500、フィグ & ロータス フラワー コロン 100mL ¥16000/ジョー マローン ロンドン


ミモレブロガー・山根亜希子さんおすすめ

「私が初めてジョー・マローンを知ったのはイギリス旅行の時でした。当時ブルックスストリートにあったお店がとても素敵で、入った瞬間の良い香りにうっとりしたことをよく覚えています。その時はいろいろ試して、ワイルドフィグのボディローションを買って帰りました。

クラシックな雰囲気のパッケージに黒のリボンが、また素敵で!身体に塗ると優雅な気持ちになれました♡それからは日本のショップでもコロンを購入したり、すっかりお気に入りのブランドです」


ザ・ボディショップのコスメ&メイクブラシ

左上から時計周りに:ハードワーキング ハンドスクラブ HP 75ml ¥1800、アイシャドーブレンダーブラシ ¥2000、ファンデーションブラシ ¥2400・デュオアイブロウブラシ ¥1800、スカルプセラムG 50ml ¥2300/ザ・ボディショップ


ミモレエディター・高橋香奈子おすすめ

「1976年にイギリスで創業した自然派化粧品ブランド、ザ・ボディショップ。原材料から製造のすべての過程において、植物性由来成分を中心につくられたベジタリアン処方の化粧品を販売しているブランドで、環境や社会によい影響を生み出すことを追求されています。

発売したばかりのメイクブラシは、クルーエルティフリーで動物毛を使わず、柔らかでなめらかな肌あたりの厳選された人工毛でつくられています。口金部分には一部再生アルミニウムが使われたり、パッケージにも一部再生素材が使われていたりと、環境に配慮されているんです。

ハンドスクラブは、ココナッツとアーモンドの殻が古い角質を優しく取り除き、ヘンプシードオイルが肌に潤いを与えてくれます。これまで以上に手を洗う機会が増えましたが、週に1〜2度のスペシャルケアとして、日ごろ酷使している手をいたわりたいなと思っています。

10月に発売予定に先駆けて使わせていただき、大きな期待を寄せているのが頭皮用の美容液。ジェル状なので頭皮マッサージ時も液だれしにくいですし、ジンジャーの香りですっきり。アラフォーになってから、頭皮ケアの重要性を実感しているので、習慣にしたいです」
 

ミラーハリスの香水&ソープ

左上から時計回りに:ネトルズ ボディウォッシュ 300ml ¥3500、サブライム ブロッサム オーデパルファム 100ml ¥20300、シークレット ガーデニア オーデパルファム 100ml ¥20300、ネトルズ ソープ オン ア ロープ 200g ¥3500/ミラーハリス(インターモード川辺 フレグランス本部)


ミモレエディター・高橋香奈子おすすめ

「ミラーハリスは2000年にロンドンに誕生したメゾンフレグランスで、厳選された植物由来の原料を使っています。天然香料をふんだんに使用した香水の香りは、華やかながら癒される魅力があります。

ネトル(=イラクサ)のボディウォッシュとソープは、とにかく香りが最高。爽やかでほんのりとした甘みがあり、パッケージを開けた瞬間に心がときめきます。
パッケージなどがリサイクルできるように配慮されている点もさすがです。
見た目もおしゃれで置いておくだけでも気分が上がるのもお気に入り!」
 

ネイルズインクのネイルポリッシュ

ジェルエフェクト ネイルポリッシュ 14ml 各¥2800/ネイルズ インク(ティー エー ティー)


英国王室研究家・にしぐち瑞穂さんおすすめ

「なんといっても1番は発色の良さ!60年代のロンドンを思わせる、ポップで濁りのない元気カラーが大好きな私にはたまりません。塗ってから即乾いてくれるのも、せっかちな私にはピッタリ(笑)。

また英国らしく、ネイルカラーには、駅やストリート、エリアなどロンドンの街に関連する名前がつけられているところもトキメキます♡不思議なことに、住んでいたエリアや好きな場所の色を選んでいたりするんです!

洋服の色と被ってしまうので(笑)通常は手というより、ペディキュアとして愛用するのが私の定番です。南の島でのバカンス以外、誰かに見せるというより、忙しさにかまけて女性を忘れないための自分への戒めの意も(笑)」
 

メイソンピアソンのヘアブラシ「ハンディブリッスル」

ハンディブリッスル¥19000/メイソンピアソン(オズ・インターナショナル)


英国王室研究家・にしぐち瑞穂さんおすすめ

「紳士の国、英国。ヘアはもちろんお髭など、グルーミングアイテムといえばやはり英国でしょう。そんな中、“ブラシ界のロールスロイス“と称されているのが、メイソンピアソン。

最高級の猪毛を使用し、全工程を英国の職人がハンドメイドで作っている、伝統のヘアブラシにずっと憧れ、いつか欲しい♡と夢見ていた私でしたが、なんとキャサリン妃の専属ヘアスタイリストさんも愛用。しかもキャサリン妃との海外ツアーにも持参していることが判明して、我慢の限界!購入しました(笑)。とかすというだけでなく、王室リサーチの仕事で頭が凝りに凝っている私にとって、仕事の合間に頭皮マッサージでブレイク、なんていう使い方も有り難いんです」

ペンハリガンの香水

左:ブレナム ブーケ オードトワレ 50ml ¥14500、右:ザ フェイバリット オードパルファム 100ml ¥22500/ペンハリガン(ブルーベル・ジャパン)


英国王室研究家・にしぐち瑞穂さんおすすめ

「今年で創業150年を迎え、ロイヤルワラント(英国王室御用達)を2つ保有する香水ブランド。実は私とペンハリガンとの出会いは、2012年のエリザベス女王の即位60年を記念して行われたイベント。会場だったバッキンガムパレスの、広大なガーデンに咲いていた美しいバラの香りに感動して、すぐさま同じ香りを探した結果、見つけたのがブランドとの出会い

ユニセックスなところも気に入って、それ以来季節に合わせて所有、愛用しています。今回写真では紹介されていないのですが、中でも最もお気に入りの“ローズ公爵夫人”(名前も良いでしょ)は、男女問わず「いい香り!」といわれることが多くて驚きます。ペンハリガンと出会って以来、出かける時には必ず、その日の気分で、香りを選びます。

英国の伝統を感じさせる、超こだわりのボトルやボックスのデザインも素敵で、ディスプレイとしても最高です」
 

ミモレエディター・高橋香奈子おすすめ

「ペンハリガンは憧れの高級フレグランスブランドで、ここぞという日に大切に使い続けています。左のブレナム ブーケはブランドを代表するロングセラー。メンズフレグランスなのですが、シトラスの爽やかな香りとウッディーで落ち着いた香りが融合していて女性も楽しめる香りです。ウッディーな香りが好きな方にはぜひ一度試していただきたい!
ザ フェイバリットは創業150周年の記念年に誕生したフレグランス。美しい見た目通りのエレガントでセンシュアルな香りです」

リンメルのメイクアップコスメ

左から/マシュマロルック リップスティック ソフトコーラル 3.8g ¥1300、ラスティングフィニッシュ オイルティントリップ ブライトコーラル、スカーレットベージュ 各3.8g 各¥1500、ショコラスウィート アイズ あずきミルクショコラ 4.5g 5色 ¥1600、プロフェッショナル 3Dブロウ マスカラ レッドブラウン5.5ml ¥1200/リンメル


ミモレエディター・高橋香奈子おすすめ

「ほとんどのアイテムが1000円台と手ごろな価格で買えるのに、使い勝手がよく、大人も納得のメイクができるリンメル。実は180年以上の歴史があるブランドです。

黒いパッケージのリップは、ヌーディ感がありセミマットな質感。イギリスの国旗がデザインされた白いパッケージのリップは、ティントタイプなので一度塗れば色づきが長持ちします。どちらも自然な色づきだから、急にマスクを取らなければいけないシーンでも助かるんです。

また、マスク生活では、眉と目元のメイクが要。アイブロウマスカラで立体感のある眉に整え、旬の赤みのあるブラウンやベージュのアイシャドウを塗れば、今どきの顔がつくれます。テクニックいらずで決まる工夫がされているところも好きです」


<問い合わせ先>
インターモード川辺 フレグランス本部 tel. 0120-000-599
オズ・インターナショナル tel. 03-6732-1550
ザ・ボディショップ tel. 03-3249-7131
ジョー マローン ロンドン tel. 03-6625-1061
ティー エー ティー tel. 03-5428-3488
ブルーベル・ジャパン tel. 0120-005-130
リンメル tel. 0120-878-653

撮影/坂根綾子
スタイリング・構成・文/高橋香奈子


第1回 「【英国ブランド名品】買いたい理由がちゃんとあるずっと大事にしたい服6」>>
第2回 「プロのお墨付き『英国ブランド』の絶対ハズさない小物8選」>>
第3回 「一度は飲みたい!英国王室御用達の紅茶ブランドとは?【英国ブランド7選】」>>