4

【マスクの色別メイク】グレーにはトレンドのカーキでハンサム顔に

マスクの色別に合うメイクを提案する第2弾は「グレー」。
「私のまわりにいる人たちはグレーのマスクを選んでいる人が多く、その理由を聞くと『白以外の色を選びたかった』という意見が圧倒的に多かったです。確かに、黒マスクのシャープさ、ベージュマスクの甘さのどちらの気分でもない時におすすめな色」と語るのはヘアメイクアップアーティストの赤松絵利さん。

 

クールな眼差しがかなうカーキをアクセントに


一見、地味になってしまいそうなグレーのマスクに似合うメイクのポイントとは?
「グレーは黒でもベージュでもないモードなイメージ。今回は相性の良いカーキ色を選び、印象深く大人っぽいメイクを紹介したいと思います」と赤松さん。
グレーマスクに似合うメイクとアイテムを早速、チェックしてみましょう。

 


① アイシャドウは秋色のブラウン&カーキを

1.bの明るめのカーキをアクセントにcのブラウンでグラデーションを作り、目元を印象的に変えていきます。
2.aの繊細なラメ感のある明るいベージュをアイホール全体、ノーズラインから眉頭下まで、さらに眉中にも塗っていきます。顔中心を明るくすることで、ハイライト効果が出て自然な立体感がでます。
  • 3.bの明るいカーキを上まぶた全体と、眉の中に軽く塗ります。
  • 4.bのカーキを再度チップにとって目尻を囲むようにくの字に塗ります。目尻側に印象的な色をのせると目が大きく見え、さらに横顔もハンサムに。
  • 5.cのダークブラウンは下まぶたのキワに沿って細くラインを描くよう入れます。下まぶたに色が入ると目全体が引き締まる効果が。


② カーキのアイライナーで引き締め

UZUのアイオープニングライナーのカーキを使用。上下のまつ毛とまつ毛の隙間を埋めるように塗ります。

「グレーのマスクメイクのポイントは、このカーキのアイライナーと言っても過言ではありません。重くなりがちなブラックに代わり、カーキがちょうどいいニュアンスを引き出してくれています。UZUのアイライナーは筆のしなり具合、色の発色など使い勝手の良い優秀なアイテム。これ1本で今年のトレンドメイクが完成します。仕上げにビューラーでまつ毛を立ち上げ、黒のマスカラを塗ってくださいね」(赤松さん)。

  • 1
  • 2