5

【マスクの色別メイク】ベージュマスクにはアプリコットカラーでナチュラル美人

マスクの色に合わせたメイクを提案する企画、今回は「ベージュマスク」です。
「温かみのあるベージュ色のマスクは、肌色をくすませないというメリットも。これからの季節にぴったりな色でもあるので、ぜひマスターしてほしいですね」と語るのは、ヘアメイクアップアーティストの赤松絵利さん。

 

白いマスクにおすすめのメイクはこちら>>
グレーのマスクにおすすめのメイクはこちら>>


ベージュ色のマスクに似合うメイクとは?


「モードにもなるし、可愛くもなれるアプリコットカラーがおすすめ。秋冬に登場する新作は発色もよく、ピタッと肌に密着して崩れないのが特長。中でも、今回紹介するオレンジカラーは、温かみもありながらメリハリのあるすっきりとした美しい顔立ちになるため、ひとつ持っていると便利ですよ」(赤松さん)。

 


アプリコットカラーの代表「ベージュ」と「オレンジ」を効果的に見せる方法


肌なじみの良いカラーだけでメイクをすると、時に「顔色が悪い」「平たんな顔」になりがち。「実は『色をのせるだけ』ではダメ。アプリコットカラーは顔が立体的に見えるよう、計算して色をのせることが大切です。例えば、眉骨や頬骨、鼻すじなどに色をのせると、立体感が出てメリハリが。ナチュラルな色合いなので、上手に使うと品のある顔立ちになります」(赤松さん)。


① アイシャドウはベージュ×オレンジに艶を

今回はアプリコットカラーのメイクが簡単に完成する、捨て色ナシのTHREEのアイシャドウパレットを使用します。
そしてポイントとなるのは、パールやラメで上品な質感を演出できるアディクションのオレンジのアイカラー。華やかさを出したい時にもおすすめです。
  • 1.bの艶と透明感のあるベージュを指で鼻すじ、眉全体、頬骨まで広く塗ります。このひと手間で肌の質感が整い、顔立ちに立体感が生まれます。
  • 2.aのヌードベージュを指で上下のアイホールにのせます。上まぶたは眉骨のあたりまで広く塗るのがポイント。濃くならないように加減しながら重ねましょう。
  • 3.cのオレンジをブラシにとって、目尻から黒目の中央あたりにぼかすようにのせます。少し広めの幅で重ねると、オレンジのニュアンスがはっきり出ます。目尻側がオレンジに染まるグラデーションは、目元に華やかさを添えるメイクテク。

「アイメイクをより引き立たせたい場合は、その他のアイテムをプラスして『縁取り』をするのも手。カーキやブラウンなどのリキッドアイライナーでアイラインを描き、まつ毛はアイラッシュカーラーでしっかり立ち上げた後、黒のマスカラをたっぷり塗って」(赤松さん)。

  • 1
  • 2