モードなブランドからアウトドアブランド、プチプラブランドまで、冬用アウターは選り取りみどりですが、「ダウンジャケットだけはプレミアムブランドのしっかりしたものを」という声は依然として多いんです。着ているうちに羽毛がぴょこぴょこ飛び出したり、ダウンがへたったりしないことはもちろん、いまどきは倫理的に供給されたダウンを使用していかどうかも気になるところ。

 

100年以上も前から、カナダを代表するウエアを生産してきたファミリーが「世界で最もスマートで頑丈で、ラグジュアリーなアウターを届けたい!」とスタートしたのが、今回ご紹介する「ムースナックルズ(MOOSE KNUCKLES)」。カナダを代表する動物ヘラジカ=MOOSEと国技であるアイスホッケーのファイトのこぶし=KNUCKLESからネーミングされたプレミアムアウターブランドで、東京・渋谷にオープンしたRAYARD MIYASHITA PARK に日本初の旗艦店をオープンしたばかりの注目の存在です。

世界で最も寒い街のひとつとして知られる、カナダ・マニトバ州ウィニペグにある自社工場でつくられる高級プレミアムアウター。そのレディースアイテムをさっそくチェックしましょう。

KESWICK2 ¥98000/GRUPPO TANAKA

2020年秋冬の新作、Active Flexシリーズ。2WAYストレッチの素材と糸を使用し、動きやすさを追求しています。フラップタイプの胸ポケットは、ミリタリージャケットからインスパイアされたもの。シンプルなデザインが、シルエットの美しさを強調しています。

ROCKCLIFF2 ¥89000/GRUPPO TANAKA

キルティングデザインでありながら、よりスリムなシルエットが特徴的なダウン。自転車通勤派にもおすすめの機能的なダウンアウターです。

STIRLING PARKA 各¥149000/GRUPPO TANAKA

最も暖かく丈夫な、ブランドのアイコニック・ジャケット。ジッパーの上のフラップや太もも丈のデザインで、凍えるような低温の中でも暖かさをキープできます。取りはずし可能なフードについたフォックスファーとストラップについたポンポンの配色もおしゃれ。

DEBBIE BOMBER 各¥135000/GRUPPO TANAKA

ウエストと袖のリブ使いが特徴のボンバータイプのジャケットは、定番のデザイン。取りはずし可能なフードにボリューミーなフォックスファー、ストラップについたポンポンが女性らしいキュートさをプラスしています。

3Q JACKET ¥149000/GRUPPO TANAKA

キルティングタイプのアイコン的ジャケット。デイリーから、休日のお出かけ、キャンプなど、さまざまなシーンで着用しやすいデザインです。また、キルティングでありながらスリムフィットなデザインは、着映え力の高さでも人気。


「ムースナックルズ」のダウンジャケットの特徴は、5層構造の表地や部分的に施したラミネート加工で防水、防風、透湿効果を高めたシェルを使っていること。また、厳しい基準と倫理観で供給されたダウンを厳選し、二重のダウンパッフルと裏地のダウンプルーフの丁寧な構造で、ダウンのズレや飛び出しをケア。ジッパーは、マイナス 40 度でも凍らない YKK カナダのメタルを使用しています。


2018年に米国・カンザス州立大学が行った、4ブランドのダウンジャケットのあたたかさを比較した研究でも総合1位を獲得したという「ムースナックルズ」。日本の寒さはカナダほどではないとはいえ、寒さが気になる女性にとっては、きっと頼りになるおすすめのアウターです。

問い合わせ先/GRUPPO TANAKA
tel. 0120-135-015

ムースナックルズ MIYASHITA PARK
tei.03-6803-8568

Instagram:@mooseknucklescanada
https://www.mooseknucklescanada.com/en/


前回記事「ヴィクトリア・ベッカムのシスターブランド「VVB」が日本初の単独ポップアップストアを開催」はこちら>>