今回の奈良旅はならまち方面へ!
最初に訪れたのは今西家書院

 

 
室町時代の様式を伝える書院造の建築物で、民間所有の国法なんですって。

 


こちらで高貴な方々の会議が行われていたという上段の間からの眺め。高貴な方々はカゴに乗ってこの飛び石を渡ってやってきていたそう。
この眺めを見ているとなんだかゆったりと時間が流れていく・・・


この書院の間が一番高くなっていて、次の間はお付きの者が控える間で、一段低くなっているのです。さらに次の間はカゴを運ぶ者が控える間で、また一段低くなっているという、階級がとてもはっきりしていた時代だったのですね。

 


茶室の天井には睨み龍が。

 


外から見た茶室の入り口。躙り口が無いタイプ。千利休より前の時代ですものね。


現在、こちらでの昼食はお休みしているようですが、お茶はいただけるそうなので、ほっこり一休みしたい方にはおススメです^^

そして、私たちはお茶はいただかずにランチへ!

 


粟 ならまち店。大和野菜がと~っても美味しいお店でした。

 


こんな風にちょこちょこ盛られているのって女性は本当にテンションが上がりますよね♪
1つ1つのお料理の素材や調理法を説明してくださるのも嬉しい。大和野菜は味が濃くて、薄味なのにしみじみと美味しい。

 


古代米入りのお米も奈良産。葛あんも吉野産。全てが奈良産づくし♪

 


大和牛も美味しい!全て違う味で味わえるのも嬉しい~。

 


デザートも奈良の有名なカヌレなのですって。私たちは収穫祭という一番量の少ないコースでしたが、それでもお腹はいっぱい!

 


お店の中も奈良らしい町家の落ち着く雰囲気で本当に素敵なお店でした。

そして!今回の締めは奈良の老舗和菓子屋さんの樫舎さん!

 


なんと、ランチのお店の隣という偶然(笑)
みんな子供の帰宅やお迎えがあったりで、スケジュールがタイトだったので助かった~。

 


本当はかき氷をいただきたかったのですが、おなかがいっぱい過ぎてお抹茶とお菓子のセットをいただきました。上品な味とお抹茶をこの空間でいただけることができて幸せ^^

 


柱に張り付けられていたのは何??二月堂、牛玉、東大寺…なんだかとってもスゴイお札なのでしょうね。

ならまちは歩いていても素敵なお店がたくさんあるし、街並みがとっても可愛らしいので今からの季節は散策にピッタリ^^ 本当は移転した秋篠の森の現在も見てみたかったのですが、時間が無かったのでまた次回に!
ふふ奈良を始め、最近は宿泊施設もどんどんできてきているので、ますます奈良から目が離せません♪

それでは今日も素敵な1日を!