6

スタイリスト、編集者の家庭菜園を見せて!ベランダからレンタル畑まで

今年はコロナ禍の影響もあって、家庭菜園やガーデニングを始める人がとても多かったそうです。たしかに自由に外に出られないときも、土に触れたり、家の中にグリーンがあると心が癒やされますよね。

そしてこの“土いじりブーム”の波は、ファッションやビューティ業界で活躍する方々にも届いていたようです。

ビューティエディターの安倍佐和子さんは自宅のお庭でガーデニングを本格的にスタートし、スタイリストの福田麻琴さんは、なんと山の中にある畑を借り、キャンプをしながら菜園を楽しんだそう!

おしゃれなお二人のお庭や畑……ぜひ覗いてみたい! ということで、どんなものを育てているか、グッズはどこで買っているのか、日焼け止めやお洋服などおすすめのアイテムまで伺いました。

夏野菜の時期が終わり、気候も涼しくなってきた今は、秋まき野菜とお花の季節。新しい季節のガーデニングの参考にしてみてくださいね。

※こちらの記事は2020年8月に取材した内容を編集してお届けしています


安倍佐和子さん愛用のオーガニックなガーデニングアイテム

大きなグリーンがのびのびと立つ安倍さんのお庭

ーー安倍さんはガーデニングを始めてどれくらいですか?

「半年くらいです。今の家に引っ越してきたことをきっかけに始めたのですが、コロナ禍で本格的に目覚めた感じです。自宅の庭とリビングで植物を育てています」

 

ーー今、育てている植物やお花はどんなものがありますか?

「自分の好きな植物と、庭のイメージに合いそうなものを中心に育てています。具体的に言うと、シマネトリコやユーカリ、オリーブ、ウンベラータなどの庭園植物です。将来的にはビオトープを意識したものにしていきたくて、蓮やメダカも育てています」

 

ーーガーデニングのグッズを買うのにオススメのお店はありますか?

「私は、SOLSO FARM本店や、二子玉川にあるプロトリーフ ガーデンアイランド、自由が丘のIDEEでグッズも植物も調達しました」

さまざまな植物やガーデニング用品が揃うSOLSO FARM本店

ーーガーデニングに初挑戦してみて、難しかったことは何ですか?

「天候対策と害虫対策ですね。日照時間の不足でユーカリやオリーブが死んでしまって……。また、農薬を使いたくないので、有機のものや自然由来の代替品を常に探しています」

ーーたしかに今年は長梅雨で、農家さんも不作だったなどという声も聞きました。農薬のお話も出ましたが、安倍さんが実際に使っている自然由来のグッズはありますか?

「ガーデニングに使っているのが生態系に影響を与えない『ニーム・ガルテン』です。ニームオイルと精油がブレンドされた生分解性の高い環境浄化エキスで100%植物由来、人畜益虫無害のものです」

インド原産のニームの種子から抽出したオイルを使用した害虫防除資材で、有機農業にも使用されている。生態系を乱すことなく、植物にとって健全な環境をつくることができる。

ーー虫除け・日焼け対策などのために使っている美容アイテムはありますか?

「日焼け止めはいろんなものを使いますが、虫除けだと、蚊取り線香は『かえる印のナチュラルかとり線香』、虫除けスプレーはパーフェクトポーションの『アウトドアボディスプレー エクストラ』やメイドオブオーガニクスの『アウトドア モスガードスプレー』を愛用しています」

自身の肌に使うものも、オーガニックのものを厳選

ーー最後に、ガーデニングを始めてよかったなと思うことがあれば教えてください。

「朝の日課として草木をお手入れしているのですが、豊かな時間を実感します。また、ガーデニングを始めたことで、以前よりも自然環境やクリーンビューティ、サステナビリティを意識するようになりましたね」