辛口でほどよくきれめなカジュアルな中に、どこか女っぽさを感じさせるコーディネートが人気のスタイリスト望月律子さん。ベーシックなアイテムを色使いや小物合わせで自分らしいスタイルを作る望月さんのコーディネート術、ぜひ参考にしてみてください。

【写真】『【40代コーデ】スタイリスト望月律子さんの最新20ルック』を一挙に見る>>


ベーシックカラーは配色で新鮮味を出す

 

シャツ/ZARA パンツ/ロンハーマン バッグ/フェンディ ネックレス/ノーブランド ブレスレット/ハム サングラス/レイバン

「カーキが大好きなので、着こなしのベースになる絶対に欠かせない色です。黒やネイビーを合わせた、重ための配色にすることが多いのですが、今年は薄いアイシーグレーを合わせてみたら、カーキがとても新鮮に映りました。白をほどクリーンすぎず、淡い印象の着こなしなので、アクセサリーでツヤを足したり、バッグでボリューム感を出したりしています」

【写真】『【40代コーデ】スタイリスト望月律子さんの最新20ルック』を一挙に見る>>

 


 


マキシスカートの子供っぽくない色選びと着こなしとは

 

スカート¥24000/マリハ(ショールームセッション) ニット/カオス  バッグ/J&M デヴィッドソン  シューズ/ミシェル ヴィヴィアン  サングラス/レイバン  ブレスレット/ハム

「フレアーのマキシスカートはアイテム自体が甘め。さらに色までフェミニンだったり可愛いものにしてしまうと、甘すぎるし子どもっぽくなってしまいます。グレージュのようなニュアンスカラーなら、淡い色と合わせれば優しげに、ダークカラーと合わせれば辛口にも着こなせるし、派手な色と合わせてもうまく中和してくれる、とても優秀な色なんです」


きれいなワンピースに抜けを出すならスポーティ小物

 

サンダル¥40000/ビルケンシュトック(ビルケンシュトックジャパン・カスタマーセンター) ワンピース/エイトン 肩にかけたニット/ルミノア ピアス/ビジュ マム  バングル/グリン バッグ/ボッテガ ヴェネタ  サングラス/モスコット

「チョコブラウンのワンピース、キャメルのバッグと合わせたブラウン系のワントーンに。きれいめなワンピースに抜け感を出すときにもスポーツサンダルはちょうどいいアイテム。ただ足元だけが急にスポーティすぎたりカジュアルすぎると、服や顔とのバランスが崩れるので、ジュート素材を使ったスポーティなサンダルは本当に助かります。レザーのバッグとの相性もいいので、きれいめな好きな方には特におすすめです」

構成/幸山梨奈

 

【写真】『【40代コーデ】スタイリスト望月律子さんの最新20ルック』を一挙に見る>>

【40代コーデ】一覧ページを見る>>

おしゃれのヒントは、やっぱり街にある「SNAP! SNAP!」はこちら>>

「今日なに着よう」が見つかる「なに着る?検索」はこちら>>

着こなしのトレンドがわかる「今日、なに着てる?」はこちら>>