始まりましたね、11月!
1日は恒例のスポンジと歯ブラシを新調して、気分も新たに。

今年は思いもよらぬことで、普通の日常が変わってしまったのですが、それでも明日は必ずやってきて、日々はいつもと変わらないスピードで過ぎていく。
過ぎゆくのはあっという間だから、丁寧に暮らしたいと思う反面、忙しい日々を効率よく回していきたいとも思う現在。

昔は片づけも上手にできなくて、料理もうまく作れなくて、子育ても全然思い通りにならなくて、丁寧な暮らしに漠然と憧れては自分の現状を嘆いてばかりでした。

でも、自分の軸が出来上がってきた今、効率と丁寧を使い分ける手立てを考えられるようになってきました^^

 


丁寧な暮らしの象徴だと思っていた花を飾ることは今では自分自身の機嫌を取る手段の1つとして捉えられるように。

今も常に家が片づいているわけではないけれど、何分あれば片づくのかが分かるようになったので、特に強いストレスを感じることもなくなりました。
ライフオーガナイズで学んだ一人一人の個性の違いが片づけの違いであることも分かり、自分の意見を押し付けることもしなくなりました。

 


子供が取りやすく戻しやすいオープン棚はその最たるもの。私の好みは扉をつけて隠したいのですが・・・。
そして、リビング学習には必須アイテムのティッシュと消しカスクリーナーはテーブルの上に常時出しっぱなしで。

料理も相変わらず得意ではないけれど、そこも割り切りができるようになって、別に家族が困ってないから良しとすることに。
たいしたバリエーションが無くても良い、だからご馳走は外食にしたり、美味しいものお取り寄せしたり。あとは器に頼ったり。

子育ても今は随分と楽になりました。子供が大きくなって手がかからなくなったこともあるけれど、私自身も成長できたのかも。たくさん学ばせてもらったなぁ。

 


たった6年前でこの幼さ。今では長男は私の身長を超えました。
きっと、どんどん大きくなって私の手の届かないところへ行ってしまうのはもうすぐ。
そう思うと丁寧に子供と過ごしていきたいなと思う今日この頃。

そんな風に効率と丁寧の使い分けを考えることで、もう今年の水回りの大掃除は外注にすることにしました。これ、最近のとても大きな決断。
疲れ果てて機嫌が悪いよりも、みんなで時間を違うことに使えたらなと思って。
主人とも話し合って(説得して、と言った方が良いかも笑)、大掃除は物の整理や部屋の掃除等いくらでもすることはあるのだから、水回りだけはお願いしようということに。
そして、きっとプロに任せたほうが断然キレイなはず。

掃除の外注って、昔はとても後ろめたい気持ちになるものでしたが、今はその労力を違うことに効率良く使うことはとてもポジティブな選択だと思えるようになりました。

何を丁寧にするのか、効率よくするのか、人によって違うけれど、まずは意識することが第一歩。

あなたの丁寧にしたいことはなんですか?^^


それでは今日も素敵な1日を!