とおまさんからの質問
Q.
子育てのストレスを自分の中で昇華する方法を知りたい!

現在4歳と10ヶ月の男の子二人の子育てに追われています。上の子の赤ちゃん返りやワガママにどうしてもストレスが溜まってしまい、主人に愚痴を言ってしまいます。私は専業主婦なので家のこと(子育てを含め)をするのが当然ですし、主人も毎日夜遅くまで働いてきてくれているというのは十分承知しているのですが、吐き出さずにはいられません。すぐに後悔しますが、あとの祭りです。

自分の心の弱さに嫌気がさします。何とか自分の中で昇華する方法はないものでしょうか。ファッション大好きなのですが、使えるお金も決まっているのでお買い物で発散するのはなかなか難しいところです。

尼僧 掬池 友絢さんの回答
A.
「私は今、怒っているな」と、
自分を客観視してみましょう

私には子育ての経験はないので偉そうなことは言えないのですが、たまに甥っ子や姪っ子の面倒を見ていますと、それはそれは元気がよろしくて(笑)。「ずっと一緒にいたら大変だろうな」と思ってしまいますから、母親の苦労たるや如何に……とお察しいたします。

仏教の修行においても、“怒りのコントロール”というのはとても大事にされていることです。怒りはひどく心も体も消耗させるものです。ときには、怒りが怒りを呼び、負のスパイラルに陥ってしまうこともあります。そうなると、最終的には自分自身がすごく疲弊してしまいますよね。

ですから、怒りにつながるようなマイナスの気持ちを起こさないことが理想なのですが、そうは言われてもなかなか難しいですよね……。となると、起こってしまった怒りを流していくしかありません。

方法としては、怒っている自分を客観視する、というのはいかがでしょうか? 少し離れたところから自分を見つめ、「私は今、怒っているな」とやや人ごとのように受け止めて、“怒り”に自分の気持ちを寄せていかないようにしてみるという方法です。簡単にできることではないと思うのですけれども……。

もう一つ、他の誰かや何かをコントロールしようとしない、という気持ちを持つことも大切です。自分の心がきゅっと縮こまると、周囲の人たちもきゅっと縮こまってしまうもの。結果として、誰も幸せではいられなくなってしまいますから。子どもというのはたしかにコントロール不能でモンスターのような存在ですが(笑)、よくよく考えてみましたら、そのモンスターのような時期もわずか数年のことかと思います。限りある時間と思えば、イライラも少しは昇華されるのではないでしょうか?

怒りをコントロールすることは、とても大変なことと思います。瞬間的な解決方法をお伝えすることができなくて申し訳ないのですが、よろしかったらこちらのコントロール法を、試してみてくださいませ。

いかがですか?
掬池友絢さんの回答、ぜひご参考になさってください。 

PROFILE
  • 掬池 友絢さん1975年生まれ。浄土宗僧侶。ILAB(国際仏教婦人会)役員。静岡県三島市にある蓮馨寺に所属。会社員として働く一方で、仏教の良さを伝え広めるべく様々な活動に取り組んでいる。蓮馨寺で「お念仏の会」や「お寺BBQ」といったコミュニティ活動をおこなう他、月に1回、寺子屋ブッダの「友絢さんとお茶を飲む会」で女性向けお話し会の講師も務めている。著書に『泣きたいときには泣いていい』(講談社)がある。 この人の回答一覧を見る
  • 山本 奈緒子1972年生まれ。6年間の会社員生活を経て、フリーライターに。『with』や『VOCE』といった女性誌の他、週刊誌や新聞、WEBマガジンで、インタビュー、女性の生き方、また様々な流行事象分析など、主に“読み物”と言われる分野の記事を手掛ける。 この人の回答一覧を見る