たーちゃんさんからの質問
Q.
ハットのときのヘアスタイルの崩れに関して

いつも楽しく拝読しています。この秋冬はハットを取り入れたファッションを楽しみたいと思っています。ただ、着脱のタイミングを考えると、ヘアスタイルの崩れなどが気になり、躊躇してしまいます。オープンテラスのカフェなどでは、脱がなくてもよいかなと思うのですが、レストランやお食事のタイミングでは皆さんどうされているのでしょうか?

チームmi-mollet スタイリスト 安藤眞理さんの回答
A.
サイズ選び、手直しの練習、ヘアチェンジ、の3つを検討してみて!

たーちゃんさん、ご質問ありがとうございます。ハットとヘアスタイルの関係、悩ましいですよね。私も普段からハットをよくかぶるので、お気持ちはよく分かります。

まず、ある程度きちんとしたレストランでは、やはり、帽子は脱ぐべきだと思います。あとは映画館などでは後ろの人へ迷惑になるので、やはりハットは脱ぎますよね。

もし、たーちゃんさんがハットを脱いだ後のヘアスタイルに自信が持てないのであれば、事前にそういった予定が分かっているときは、ハット抜きのコーディネートを考えましょう!もし、たまたまハットをかぶっている日に、突然、ハットに合わないシチュエーションでの予定が入った場合は、まず、トイレに失礼し、鏡の前でヘアスタイルを整えてから席に戻ればいいのです。

たーちゃんさんのおっしゃるように、ハットと髪の関係はとても大切です。特に今シーズンはフェルト素材などのハットがトレンドですよね。私も今日、まさにレパード柄のハットをかぶってきました(春に一度、私のハットに関する記事がアップされているので、そちらもぜひチェックしてください)。今回は、改めてハットとヘアを考えるうえでの基本をお伝えしますね。

まず第一に、ハットを選ぶときは試着をして、締め付けのきつすぎないサイズを選ぶのがポイントです! ニットキャップは、どうしてもヘアが崩れてしまうので避けたほうが無難でしょう。
そのうえで、一度、ご自宅でハットを数時間かぶってみて、どのようにヘアスタイルが崩れるのか、その後、どうやったら上手に直せるのか、シュミレーションしてみてはいかがでしょう? たーちゃんさんの髪質やヘアスタイルにもよると思うのですが、かぶる前にコテで巻いたほうが髪型の持ちがいいとか、かっちりシャープなまとみ髪にしたほうが直す手間がかからないとか、自分の髪質に合ったハットの対処法が何かしら見えてくると思います。
そして、こうやって事前に、対処法を考えておけば、外出先で慌てることもなくなりますよね!

さらに、美容師さんにご相談のうえ、ヘアスタイル自体を、再現性の高いものに変えるのも手です。私の場合は、無造作で柔らかい質感がでるようにゆるくパーマをかけ、ハットでヘアがつぶれても手ぐしでくしゃくしゃっと揉み込むだけで、ふんわり感が復活するようなヘアスタイルにしています。こちらの記事でご紹介しています)

まずは、たーちゃんさんご自身が自分の髪質をよく知り、どのようなヘアスタイルがハットと相性がよいのか、いろいろ試してみてください。きっと、もっと楽しく、気軽にハットを取り入れることができるようになると思いますよ!