昼間はまだまだ暖かく、朝夜冷え込む今の時期。重たいコートを持ち歩くのも大変だから、薄手の大判――アレンジしやすいストールが大活躍。首元に小さく巻いたり、着こなしや気候によっては長く垂らしたり。使い方によって、イメージも「体感温度」も変えられるから、1枚持っていると便利です♥アレンジの仕方を、PRの稲葉寛子さんに教えて頂きました。

Case

稲葉さんがリコメンドしてくれたのは、バニラ色の1枚。トップグレーのニットに、この「明るさ」があれば、着こなしがさらに華やかになります。ネックレスのようにストールを長く作ることで、縦のラインが強調され、バランスアップも可能です。

Case

リゾート風に藍色のスカートにミドルゲージのニットを合わせた着こなしには、ストールを小さく巻いて。ぐるぐっと首元に巻き、端は巻いたストールに入れ込みます。もちろん結んでも可。視線を顔周りに集めることで、その人自身の存在感が際立ちます。カジュアルにのぞくフリンジが可愛い!

Case

コートのフロントを開けて着る場合は、ストールを三角形に畳み、首元に「▽」が来るようにして、端同士を首の後ろで結びます。斜めに出てくるフリンジの効果は絶大。ストールの四方にフリンジがあしらってあるから、どんなふうに結んでも、計算しなくてもフリンジがきれいに出ます。

THIS WEEK'S ITEM

顔色を1トーン明るく見せる、
バニラ色のストール

ストール<サイズ:約157cm×147cm 素材:カシミア70%、シルク30% 色:エッグシェル>¥19.000(税別)/チャン ルー(チャン ルー ジャパン)

薄手で大判。
巻き方を選ばないのが優秀

ストールを広げたときに、向こう側の景色がうっすら見えるくらいの薄さが、最もアレンジしやすい素材感。そして、巻いたときに空気を巻き込み、リッチ感を出してくれるのが約157cm×147cmの大判サイズです。あまりに小さいと、ドレープが生まれないので要注意。四方にフリンジがあるのも、カジュアルに使えて◎。

BRAND STORY
CHAN LUU(チャン ルー)


問い合わせ先
株式会社チャン ルー ジャパン
 TEL:03-6455-4707
ホームページはこちら
●ショップリスト
 こちらから!

アメリカ西海岸で誕生し、日本では、ラップブレスレットが一世を風靡したチャン・ルー。本国では、ライフスタイルブランドとして、服や小物、そしてインテリア雑貨などを発表し、たくさんの女性たちの支持を集めています。日本でも、アメリカと同じラインナップが今年デビュー。ヴェトナムで生まれ、アメリカでファッションを学んだ、チャン・ルー氏が作り出す、インターナショナルでリラックスした世界観に、ファンが増え続けそうです。

 
  • 1
  • 2