Q.
古臭くならず今年らしいスカーフの選び方と巻き方を教えてください!《その3》

今年、さまざまなブランドでスカーフを見かけ、コーディネートに取り入れたいと思い、手持ちのスカーフで試してみたのですが、80年代っぽいというか、どうも古臭くなってしまって……。今年らしくおしゃれに身につけるにはどうしたらいいのでしょうか。

mi-molletミモレ編集長 大草直子の回答
A.
おすすめはオフ白ベースのプリント柄!
できるだけ“小さく”使うのがポイントです

第一回目のアレンジ第二回目のアレンジに続き、今回は「ツイスト巻き」のアレンジ方法です。この巻き方は、シンプルなクルーネックに向いた巻き方。ネックレス代わりに加えると、グッと華やかな印象に仕上がります。ぜひ、試してみてください!

アレンジ3
瞬時に華やか! ねじって小さく横結び

スエードのクルーネックトップスには、コンパクトに横結びして上品なアクセントに。オフ白ベースに明るい色味のスカーフが顔全体を明るく見せてくれる。
アレンジ方法
第一回目でご紹介したスカーフの「基本の折り方」で折ったスカーフをラフにねじりあげる。きつくねじり過ぎると巻いたときニュアンスが出にくいので注意。
②左右長短をつけて首に下げる。
③長い方を首の周りに2重に巻きつけ、短い方と結ぶ(長い方を下から上に通すように)。
④もう一度長い方を下から上に通し、キュッと固結びする。
⑤結び目をサイドに移動させる。内側の剣先を洋服の中にしまうのがポイント! こうするとコーディネートに馴染み、キャビンアテンダントっぽくなりません。

3日間にわたりご紹介してきた今年らしいスカーフの巻き方、いかがでしたか?
アレンジが効くスカーフを1枚持っていると、きれいめなスタイルからカジュアルまで、幅広くコーディネートしていただけます。シンプルなスタイルのアクセントにもなりますよ。

どのアレンジも2分以内と簡単にできるので、ぜひお試しください!
 

使用したスカーフはこちら
ポップな柄や色も折ったり巻いたりすることで、丁度いいバランスで顔まわりを華やかにしてくれる。黒が引き締めカラーで入っているのもポイント。スカーフ¥43000(税別)/スウォッシュ お問い合わせ先/スピック&スパン ノーブル 有楽町マルイ店 tel. 03-6738-3710

関連記事
▶︎《アレンジ1》簡単!「アウターの中に垂らすだけアレンジ」も要チェック!
▶︎《アレンジ2》 デニムシャツ合う「バンダナ巻き」も要チェック!