ミモレ読者の皆さま、こんにちは。

今日は熱く語らせてください!先日、わたしの大好きな指揮者、グスターボ・ドゥダメルがパリ・オペラ座の音楽監督に就任致しました!!(パチパチパチパチ。ブラボー!)

更にその記念すべき就任コンサートが無料公開されました!芸術の秋始めにピッタリです。無料動画URLはコチラ。https://chezsoi.operadeparis.fr/videos/concert-inaugural-saison-21-22

2013年に友人の結婚式がありパリを訪問。その際にオペラ座ガルニエツアーに参加しました。所要時間は1時間半。それはそれは豪華絢爛!ため息もの。

せっかくなので動画を更に満喫すべく、オペラ座ツアーを一部ご紹介します。まずは大階段へ。

オペラ座の大階段

一同何度もため息。ガイドさん曰く「ここはあくまでほんのプロローグ。私は決して大げさに言ってる訳ではないですからね」とリピート。

動画もこのオペラ座のシャガールの天井画からスタートします。絵画の圧倒的な威圧感が全然なく、温かな気持ちになります。オペラが始まる前の喧騒も気分を高揚させるというもの。

オペラ座の天井を見上げるとシャガールの絵

内装には赤を選んだそうです。理由は「女性の顔と肩に紅い光が映え若さと輝きを引き出すから」とガイドさん。

完全なる非日常。赤とゴールドのゴージャスな雰囲気がますます気持ちを高揚させます

動画で指揮をするドゥダメルを見て、だいぶ太ったなぁ(自分のことは棚に上げて 笑!)でもエネルギッシュさは健在。ベネズエラ出身の今年40歳です。ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団を率いてブダペスト に来た2011年にコンサートへ行っています。

2011年にブダペストで生の指揮を見て以来大ファンに♡とにかくパワフル&エネルギッシュ!チケットは宝物

動画はカルメンから始まり、ワーグナーのローエングリン、ヴェルディなどをオーケストラと共にゲストソリスト、合唱団、児童合唱団との競演です。

それではお席はコチラ。ゆったりと腰掛けパリオペラ座で鑑賞しているような気分でお聴きください。

長いオペラを見るのに十分な座り心地 わたしの席はどこかな?

とは言えすでに5、6回は視聴してるわたし。最初はテンションの上がるカルメンなので掃除機掛けて、床拭きしながら聴いてました(笑)!気分が乗らないけど、やらなきゃいけない家事てんこもりな週末にもオススメです。

後半は穏やかな曲が続くので読書しながら、仕事しながらでも。我が家ではわたしはこのブログを書き、娘は宿題を。夫はアイロン掛けしてました(笑)。

そしてガイドツアーはメインのガルニエへ。

あまりの豪華さに笑いが止まらないガイドツアーメンバー。豪華過ぎると人間、壊れます(笑)

グスターボ・ドゥダメルの任期は6年。指揮者の発するエネルギーってものすごいんですよね。是非、彼が指揮するオペラを生で観たいものです。

そして動画の最後が圧巻!鳴り止まぬアンコールの拍手、うっすらと涙を浮かべる演奏者や堪え切れず目頭を押さえるオケメンバーを見たらもう、涙腺崩壊!!そして最後のアンコールは一瞬会場はどよめき、会場全体で歌い上げました。アンコールの曲(1:23:00)はなんだったでしょうか?是非、直接ご覧くださいませ。新しい時代の幕開けを感じ、胸震えます。

最後にもう1度!ドゥダメルもFBで2回リンク貼り付けてたんで(笑)!無料動画URLはコチラ。https://chezsoi.operadeparis.fr/videos/concert-inaugural-saison-21-22

それではまた、木曜日にお会いできたら嬉しいです♪良い週末をお過ごしください。

〜ヨーロッパ関連記事〜

『豪華絢爛な世界へようこそ!ミュンヘンの王宮 レジデンツへ。』

『ヨーロッパの美しい図書館巡り 〜プラハ・ウィーン・ハンガリー〜』

パリ・オペラ座ガルニエツアー

1 / 10