ミモレ読者の皆さま、こんにちは。

実はこのブログを始めて、読者の方から頂いたアドバイスでドイツに来て大きく変わったことがあります。それはモヤモヤを溜めずに伝えること。伝えるを軽やかに楽しくそつなくこなすこと。

きっかけはえらく落ち込んで書いた『私たちはマイノリティ?!ドイツの物件探しで洗礼を受ける』に頂いたコメントでした。

不当と思うことは英語で議論していいと思います。別の社会のコードなので、それなりに理由があること。コードを理解した上で行動をしていくと、見えてくる景色があるように思います。十分経験されていることと思いますが、ある種スポーツ感覚で、ああこういうコードか、という具合に、疑問や理解を楽しんで打ち返すくらいの感覚といったらいいでしょうか。

このコメントを頂き、特にスポーツ感覚で疑問や理解を楽しんで打ち返すという言葉にパっと目の前が開けたような感覚に。そうか!モヤモヤしてないで、もっと気軽に楽しみながらラリーすればいいんだ!と。

ミュンヘンの人気のフレンチベーカリーはカフェも併設『Les Deux Messieurs』インスタ

海外生活が始まって大変だと感じたことのひとつに、自分の意見や考えを言語化しはっきりと相手に伝えることがありました。

日本では比較的物事をはっきり主張するタイプでしたが、海外暮らしが始まり日本で育ったわたしには欧米人に通用するように主張することが結構むずかしい。察するという文化は皆無。自分が困っていること。言いたいことをきちんと言葉にして伝えない限り、なにもコトは動きません。

朝カフェでキッシュをオーダー。美味しくてサイズ感もいい

先日、こんなことがありました。フレンチベーカリーに行った際、普通サイズのクロワッサンを買った後にミニサイズを見つけて後から追加。ところが、ミニサイズ2個が普通サイズでカウントされている。

わたしもパン屋でアルバイトしていた時、ときどきお会計を間違えるポンコツバイトだったので、まぁわかる(笑)。

人気のベーカリー、後ろには列。お会計はカードを切り、やり直すのは手間取りそう。相手に英語が通じるかもわからない…。たかだか100円くらいの話。考えただけでやっかいなのは目に見えているので以前のわたしならモヤモヤはするけど、面倒なのでそのまま何も言わず帰っていました。

でも今はやり取りも楽しむつもりのラリー。躊躇することなく、
「Excuse me わたしミニクロワッサン追加したんだけど、大きいクロワッサンにカウントされてるみたい」
「あ〜、ごめんなさい!すぐやり直します!」
とお会計し直してもらいました。

いつもハートのカプチーノ♡

なんてことない話なんですが、海外に居るとお互いのバックグラウンドの違いや文化の違いなどもうとにかく色々なことでモヤモヤを溜め込みやすいです。

でも"ラリー"という感覚だと「あれ?ちょっともしもし?」と軽々と出来てしまう。この一歩前に出るか、出ないかの自分のスッキリ感がまるで違う!結果はどうであれ、自分は気持ちは伝えた納得感は残ります。
心づもりひとつでこんなにも変わるものかとちょっと驚いています。

でも話していたら、海外生活に限らず日本での暮らしだって、仕事だっていくらでもある話。

悠さんのブログ『本当の手すりは誰かの優しさ』のお母様の勇気の一言も心動かされるエピソードでした。

いろいろ考えてモヤモヤを心に溜めるくらいなら、取り敢えずやり取りを楽しむつもりでラリーしてみればいいのだ!

と言うことで、今日も明日も明後日も、わたしは果敢に楽しむつもりで(でも、ちょっとの勇気は必要)ラリーして生きていきます!

皆さんは、最近モヤモヤしたことはありますか?まぁ、このご時世モヤモヤだらけですよね〜。ない、なんて言わせないわ(笑)。もしも無いなんて言われたら「あ〜た、生きてんの?魂抜かれたんじゃないの?」肩揺さぶって聞き返しますわ。もしくは悟りでも開いたか。

そうは言ってもやっぱりラリーは…と言う方に朗報です!ブロガーの奏さんがライターデビューし、『今日のモヤモヤ話』という連載が始まります。コチラにエピソードをお送り頂くと彼女が上手においしく料理してくれるかもしれませんよ!ね、奏さんっ♡(叔母気分のわたしはさりげにアツも掛けます。悪魔 笑)

モヤモヤを丸投げ!という方法もありますのでご活用くださいませ。連載は毎週月曜日。明日をお楽しみに!

それではまた、木曜日にお会いできたら嬉しいです♪良い週末を!

ブダペスト市内を滑走するF1カー 人生もこれくらい爽快に駆け抜けたいものです

1 / 5