ミモレ読者の皆さま、こんにちは。

最近、北欧熱がムクムクと再燃して来ています。たまたまお友達からマリメッコのエコバッグを頂いたのがきっかけ。

久しぶりにマリメッコアイテムを使ったら、生地がしっかりしている上に使い勝手もいい。たまたま、北欧インテリアを扱うお店をミュンヘンで見つけ、北欧がわたしを呼んでいる〜と思えてならない。

『マリメッコ・Marimekko』のエコバッグ。中に内ポケットもあり便利♪

海外生活が始まってからヴィンテージ食器探しも趣味のひとつに。今日は、北欧ヴィンテージ食器を求めて出かけた思い出の旅を写真たっぷりに。

想像力を最大限に発揮して、旅をしながらお買い物する気分でフィンランドへ参りましょう♪

この旅をアテンド&オーガナイズしてくれたのは、ヘルシンキ在住歴4年の友人。彼女自身が北欧ヴィンテージ食器コレクター。彼女の家に行く度に目にする北欧グッズの数々。気づいたら、わたしもハマりました(笑)。

まず最初に彼女のお気に入りのショップへ。

『ASTIA LIISA』

 

ものすごい品揃えに圧倒されます。そして、全部が可愛い〜。

 

いろいろなヴィンテージショップに通っていますが、テキトーに置いているようで全て店主さんが計算して置いていることが多い気がします。

一度、見たものを元ある場所とは別の場所に戻し、ハンガリーでえらく怒られました……。品物が多いと戻す時にわからなくなりがちなので、それ以来かなり気をつけています。

 

ここで欲しいものリストに入れていたKastehelmi (カステヘルミ)カップ&ソーサーのソーサーのみ発見! プレートやボウルは復刻されていますが、カップ&ソーサーは復刻されていません。カップがないからな〜と断念。が、後のショップで出会うことに……。ヴィンテージ食器は一期一会。思い切りが必要です。

Krokus(クロッカス)人気のモノトーン
Kartano (カルタノ)。シリーズ毎に陳列されていて目的が決まっている人にはとっても探しやすいショップでした!

『Wanha Kaarle』

こちらの店主さんはテンション高め。ブラジル出身の方でした。納得! ここも負けず劣らずの品揃え。

 

ホーローポットの品揃えが特にスゴいです。

キッチンに置いてあるとたちまち北欧感、急上昇なアイテムたち

ブリキ缶も。

 

こちらはお店自体はなくなってしまったようですが市内のショップ。

 

物色していると、探していたKastehelmi (カステヘルミ )のカップを発見! 残念ながらプレートはないとのことで、カップのみ購入しました。買っておけば良かったよ〜。ショップ巡りのあるある。

Valencia(バレンシア)。前のお店で買うのを迷ってやめたけどまた出会うも20€も高くやっぱり断念。今思えば買えば良かったナンバーワンアイテム

『Kauniste(カウニステ)』

朝、お店の前を通って気になっていたこちらのショップも立ち寄ってみました。

 

淡い優しい色合いが素敵です。店内に入ったらなぜかとっても癒される。

パブリックのキッチンアイテムが中心

再び北欧に惹かれるのは、家がモダンな雰囲気になったのと、外が寒くて暗いので明るいデザインの物を欲するのかもしれません。はたまた、10年経過し1周回って北欧に戻って来たのか。

戦利品のひとつ。光に当たるとガラスの雫模様が美しい。ヨーグルト、アイス、フルーツ盛り合わせ、毎日大活躍中〜、毎回今でもうっとり。全く飽きません!

ヘルシンキのヴィンテージショップリスト

もう9年近く前の旅ですが、お店は今もあるようです。1回だけではおさまりきれません。次回、もうちょっと旅を続けていきたいと思います。よろしかったらお付き合いください。そうそう、「ヒュッゲ」と言えば、ミモレでは田島 茉夜さんです。よ!

それではまた、木曜日にお会いできたら嬉しいです♪良い連休を!

ヘルシンキ、ヴィンテージショップを巡る

1 / 5