こんにちは。週のまんなか水曜日、いかがお過ごしですか?
今日は「言葉とつながる」の日にしたいと思います。

所用で出かけた帰り道、腹ペコぐーで乗り換え駅を歩いていると、かわいいお顔とパチリと目が合いました。

おや?あなたはミッフィーちゃんではありませんか?


お店をちょっと覗いてみますと、なんだかとっても気になるではありませんか。ミッフィーの形をしたランプが光を放っています。

 


ここはJR横浜駅の改札内にある「Dick Bruna TABLE YOKOHAMA」。かわいいディスプレイの店内にワクワクしながらメニューをめくります。子ども向けのレストラン?いえいえ。

ワインも飲めちゃうし。

「深川ワイナリー東京」のデラウェア。グラスもかわいい! 


パスタだって本気です。

九条ネギと鴨の和風ペペロンチーノ。ミッフィー発見!メニューは前菜やデザートも充実していました。


お店のディスプレイを熱心に眺めていると、店員さんから「よかったらあちらのお部屋も見てみますか?」とのお声がけが。(あら?なんだか前回のTORAYA TOKYOのような展開に!)店員さんに付いて行くと……

 


大きなブラックベアの絵がありました!そしてその向こうには、優しそうな表情のディック・ブルーナさんのお写真が。とても温かな空間です。写っていないのですが、ソファにはブラックベアのぬいぐるみも座っていました。

 


おいしくお食事をいただき、店内にあった絵本を久しぶりに手に取ってみました。出版社によって「うさこちゃん」だったり「ミッフィー」だったりするんですよね。こちらは福音館書店の「うさこちゃん」。「ミッフィー」はミモレと同じ講談社です。

ちなみに私は、なぜだかずっと「ブルーナちゃん」だと思っていました。(それは作者よ、ちび悠。)

ディック・ブルーナ『ゆきのひのうさこちゃん』


ところで、このうさこちゃんの絵本、昔とちょっとデザインが変わったのをご存知でしょうか?実は、フォントが違うんです。

福音館書店から出版されているうさこちゃんシリーズは、2010年にデザインが一新されました。ブックデザインを中心に活躍するグラフィックデザイナーの祖父江慎さんが、なんと「うさこちゃん」のために「ウサコズフォント」という字体を作ったのです。

もし子どもの頃に読んだ絵本と、最近の絵本、両方ありましたらぜひ見比べてみていただきたいのですが、文字の角がほどよく丸められて、やわらかい印象になっています。機械で印刷されているのに、一文字一文字、丁寧に書かれたお手紙のようで、私はこのフォントがとても好きです。

ミッフィーがたくさんの人に愛されるのは、シンプルで、あたたかで、正直で、ヒューマニティがあるからです。
―― ディック・ブルーナ 『ディック・ブルーナ 夢を描き続ける力』より
テイクアウトできるメニューも充実。バッグがかわいいですね!


飲食店のみなさんには本当に頭が下がるばかりです。いつもおいしい時間をありがとうございます。また心配な状況が広がってきていますが、どうかどうか……。

さて、本日の司書箱です♪

祖父江慎『祖父江慎+コズフィッシュ』ウサコズフォントを作った祖父江慎さんが手がけた作品が詰まった一冊。あ、見たことある!と思うデザインが沢山掲載されています。

それでは、よい1日を!