アイさんからの質問
Q.
貯金を増やすには、どうしたらいい?

37歳独身、会社員。給料だけではあまり貯金が出来ないためお金を増やす事を考えてます。今は株の本を読んで勉強中ですが初心者に向いている投資を教えて下さい。

特別ゲスト 風呂内亜矢先生の回答
A.
まずは預貯金から始めて、
慣れたら難易度の高いものに挑戦していって

それでは初心者向けのアドバイスをさせていただきますね。
まずは、やはり難易度の低いものから始められるのが良いかと思います。ではその難易度とは何が基準になるかと言いますと、変動の大きさ、です。

つまり、増える幅が小さいものは減る幅も小さいけれど、増え幅が大きいものは減る幅も大きい。


増える幅は大きいけれど減る幅は小さい、なんて商品はありませんので、そのリスクをしっかり考えながら、まずは増え幅が少ないものから始められるのがオススメですね。

その解釈でいきますと、難易度は下記のような順になります。
難易度低) 預貯金→国債などの債券→投資信託→株式 (難易度高
預貯金とは、ご存知だと思いますが、銀行に預ける普通預金や定期預金のこと。これも利息(増え幅)が少ないものほど自由に出し入れができるなどの特徴があるのが一般的です。国債は、途中解約をしない限りは元本割れをする危険はありません。投資信託や株式は、増え幅もそれなりな分、減る幅もそれなり。ですから、今必要なお金ではなく余剰資金で挑戦されることをオススメします。

とはいえアイさんは、「あまり貯金できていない」とのことですから、うっかり挑戦して必要なお金まで減らしてしまったら大変。まずは預貯金から始められて、実際に運用するコツをつかんでから、少し難易度の高いものに挑戦していかれるのが妥当かと思います。

またリスクを減らすためには、株式だけとか、国債だけとか、すべてのお金を一カ所にまとめないことも大切です。額を分けて、リスク分散するようにしてくださいね。

ただ、リスクを恐がりすぎて余剰資金を眠らせてしまっている人が多いのも現実です。それもちょっともったいない。

運用資金を小額でコントロールできるなら、リスクは少ないので、挑戦してみるのもありかと思います。たとえば1万円が5000円に減るくらいなら、そんなに痛手はないのではないでしょうか? 実際、株式は5000円ぐらいから買えるところもたくさんあります。有名企業になるともう少し高くなりますが、それでも5万円ぐらいから挑戦できるので、少しだけ株式運用されてみるのも悪くはないと思いますよ。

目安としては、貯金が生活資金の半年分、または1年分くらいを超えたら、その余剰分は運用に回してもいいかもしれません。そうやって運用というものに慣れていったら、100万円ぐらいを投資してみる。……と、このような流れで、少しずつ額を大きくしてトライされるのが良いかと思いますよ!

いかがですか?
風呂内先生の回答、ぜひご参考になさってください。

PROFILE
  • 風呂内 亜矢(ふろうちあや)1978年生まれ。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。宅地建物取引士。住宅ローンアドバイザー。大手電機関連会社に務めていた26歳のときに、マンンションを購入。それを機に、マンションの販売会社に転職。実体験を交えた分かりやすい説明が人気で、年間売り上げ1位の実績を上げた。2013年よりファイナンシャルプランナーとして独立。現在は、テレビやラジオ、雑誌、WEBサイトなどで情報を発信中。著書に『貯金80万円、独身の私にもできた! 自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法』(日本実業出版社)がある。 この人の回答一覧を見る
  • 山本 奈緒子1972年生まれ。6年間の会社員生活を経て、フリーライターに。『with』や『VOCE』といった女性誌の他、週刊誌や新聞、WEBマガジンで、インタビュー、女性の生き方、また様々な流行事象分析など、主に“読み物”と言われる分野の記事を手掛ける。 この人の回答一覧を見る