Yokoさんからの質問
Q.
生理が狂うたびに不安でたまらず病院へ……

40代に入ってから、生理が2,3ヶ月こなかったり、ダラダラと1ヶ月近く続いたり、不正出血?があったり。これまで生理が狂うことがなかったため、そのたびに病院へ行くのですが、何も異常はありません。まだ41歳ですが、これらはすべてプレ更年期の症状なのでしょうか? 毎回病院に行くのも疲れるので、ただのホルモン変化と病気のサインとの見極め方を知りたいです。

特別ゲスト 対馬ルリ子先生の回答
A.
いずれにせよ低用量ピルを飲めば
生理は安定しますよ

まだ41歳とのことですが、もしかしたら、更年期が早くきているのかもしれませんね。一度、ホルモン数値と、AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査を受けて、ご自分のホルモン状態、卵巣年齢をを調べてみてください。

その結果、ホルモン変化が起こっていなかったとしても、いずれにせよ低用量ピルを月経不順の改善に使えます。長期間飲まなくとも、3ヶ月間飲んでやめても、その後は順調になるものです。不妊の予防になり妊娠もしやすくなるので、妊娠したい人は、あえて少しの期間だけ低用量ピルを飲んで生理の状態を整えることも多いんですよ。

何より、今のように月経がいつ訪れるか分からない状態ですと、何かと生活にも支障が出ることでしょう。低用量ピルを使えば、月経時期を自由にズラすこともできます。旅行に重ならないようにすることもできますし、生活がすごくラクになるのでオススメですよ。

低用量ピルの処方は、問診と血圧測定ぐらいで面倒なものではありません。半年分や1年分を出してもらうことも可能です。

低用量ピルを使えば、若いときは重い生理に悩まされない、妊娠も計画的にできる、さらに更年期もラクに過ごせる。人生を通して快適でいられて、こんなにいいことはないと思うのですが、ピルに抵抗の強い人はまだけっこういます。これはおそらく、高用量ピルしか処方できなかった時代のイメージが強いのでしょう。たしかに高用量ピルは副作用も多く、それに対するピルバッシングが起こった時代が50年ぐらい前にありました。でも現在のピルはまったく違います。女性が自分の力で体をコントロールして、自分の人生を決めてほしい。私は心からそう思っているのです。

いかがですか?
対馬先生の回答、ぜひご参考になさってください。

PROFILE
  • 対馬 ルリ子(つしまるりこ) 1984年、弘前大学医学部卒業。東京大学医学部産婦人科学教室助手、都立墨東病院周産期センター産婦人科医長などを経て、2002年にウィミンズ・ウェルネス銀座グリニックを開院。2003年に、女性外来を普及させるため「女性医療ネットワーク」を設立する。全国の約600名の女性医師、女性医療者と連携し、女性の生涯にわたる健康維持のため、様々な情報発信・啓発活動をおこなっている。『女性ホルモンで世界一幸せになれる日本女性』(マガジンハウス)など、著書も多数ある。 この人の回答一覧を見る
  • 山本 奈緒子1972年生まれ。6年間の会社員生活を経て、フリーライターに。『with』や『VOCE』といった女性誌の他、週刊誌や新聞、WEBマガジンで、インタビュー、女性の生き方、また様々な流行事象分析など、主に“読み物”と言われる分野の記事を手掛ける。 この人の回答一覧を見る