白百合さんからの質問
Q.
子供にお金がかかるようになってきたとき、
切り詰めずに暮らすには、どのくらいのお金が必要?

6ヵ月と2歳の息子がいる、東京郊外に住む専業主婦です。今は子供が幼稚園や学校にも行っていないし、生活費以外の費用が発生しないので、普通に生活できていますが、これから学費や習い事、増える食費のことなど考えると、月々どのくらいの支出があるのか……想像もつきません。さらに、いつかは家を買ったりとか、車の買い替えとか、予期せぬ出費とか出てくる中で、とくに切り詰めず普通に生活していくには、月々いくらぐらい必要なものなのでしょう?

特別ゲスト 風呂内亜矢先生の回答
A.
“普通の生活”の基準は人それぞれ。
我慢せずに使えば、月に50万円あっても厳しいでしょう

これは難しい質問ですね……。「切り詰めずに普通に生活していく」というのが、どの程度を考えてらっしゃるのか分かりませんから……。ただ言えることは、子供の成長につれて、支出は今より確実に増えていくということです。

まず、これから子供さんが学校に通うようになりますと、教育費が発生します。高校までなら、公立に進んだ場合はそんなに大きな額にはなりませんが、大学へ進学させたいと考えているなら大きく増えます。第四回の回答でも述べましたが、国立大学でも4年間で約200万円、私立大学なら4年間で約400万円かかります。

また授業料以外に、生活費も、子供さんの成長とともにジワリと増えてくるものです。とくに、中学生になったくらいからが大変。塾代やおこずかいなど、何かとお金がかかるようになりますから。
家も買おうと考えているなら、そうですね……、東京郊外ですと3500万円ぐらいのローンを組んでいる人が多いでしょうか。

参考までに、統計局による「2人以上の世帯全体の消費支出データ」を下記に紹介しておきました。子供が大学生になる40〜59歳が、支出のピーク時期になってくるようですね。

<世帯主の年齢> <一ヶ月の消費支出>
~29歳 約24.3万円
30~39歳 約27.1万円
40~49歳 約32.3万円
50~59歳 約34.6万円
60~69歳 約29.6万円
70歳~ 約24.1万円
 

さらに、白百合さん自身も想定していらっしゃるように、予期せぬ出来事も起きてくるかもしれません。たとえば自身や家族の病気、親の介護による支出など。もちろん出費だけではなく、夫の収入が減ることもあるかもしれませんよ。

そういった支出に加え、レジャー費も切り詰めないとなると……。これはもう、家庭それぞれです。上を望めば、月に50万円の収入があったとしても、生活は厳しくなるかもしれないでしょう。

ですから、「いくらあれば大丈夫か」と考えるよりも、「何かあっても困らないようにやるには?」という方法のほうを考えておかれるとより心強いかと思いますよ!

いかがですか?
風呂内先生の回答、ぜひご参考になさってください。
風呂内先生の回答一覧を見る

PROFILE
  • 風呂内 亜矢(ふろうちあや)1978年生まれ。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。宅地建物取引士。住宅ローンアドバイザー。大手電機関連会社に務めていた26歳のときに、マンンションを購入。それを機に、マンションの販売会社に転職。実体験を交えた分かりやすい説明が人気で、年間売り上げ1位の実績を上げた。2013年よりファイナンシャルプランナーとして独立。現在は、テレビやラジオ、雑誌、WEBサイトなどで情報を発信中。著書に『貯金80万円、独身の私にもできた! 自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法』(日本実業出版社)がある。 この人の回答一覧を見る
  • 山本 奈緒子1972年生まれ。6年間の会社員生活を経て、フリーライターに。『with』や『VOCE』といった女性誌の他、週刊誌や新聞、WEBマガジンで、インタビュー、女性の生き方、また様々な流行事象分析など、主に“読み物”と言われる分野の記事を手掛ける。 この人の回答一覧を見る