32

【40代髪型】脱・ぱっくり地肌見え! 美容のプロは「前髪」の束感で好感度キープ

6

知ってよかった! 旬のビューティ情報をお届けする連載。前回に引き続き、梅雨時にヘアスタイルをキープする方法をお伝えします。今回は気になるうねりについて。

Before 前髪が好き勝手な方向を向いているため、寝起きっぽく、まとまりがない感じ。
After 適度な束感で、スッキリと降ろされた前髪。これだけで清潔感ある印象に。

ナビゲーター

入江信子
ビューティエディター&ライター。ビューティアイテムを見極める慧眼とトラブル”回避ケア”のプロ。美容業界屈指の「年齢不詳」女性ゆえ、久しぶりの再会メンバーからは、いつも年齢を尋ねられてしまう!

藤本容子
ミモレ編集部エディター。ストイックな筋トレや美容医療を遠巻きに眺めて早○年。肌とボディのエイジングには、とにかくポジティブ&マイルド♡♡につき合っていくスタンス。

特別ゲスト

保科真紀さん
uka 東京ミッドタウン 六本木 ヘアスタイリスト。美容師歴15年。ukaコスメ開発チーム・クリエイティブマネージャー。センスと技術に裏打ちされた美容アドバイスが信頼を集め、顧客は40代女性が多い。Instagarmにアップしているセルフアレンジも大人気。著書『ヘアゴム1本でなんとかする』(KADOKAWA) 。Instagram:@uka_makihoshina

 


「うねり」は顔まわりの髪さえなんとかすればOK!


入江 今回もukaの保科さんに、湿気に負けないスタイリング法を教えてもらいます。今日はうねり対策ですね。実は私、うねりにものすごく悩んでいて……。40歳過ぎてから、クセが強くなった気がします。

藤本 そうなんですよ! 可愛いクルンとしたクセではなく、若い頃にはなかった、髪1本1本が細かくチリチリしている感じ。

保科 うねりが目立つのは主に前髪。そのままにしておくと、お疲れっぽい雰囲気が出てしまいますよね。

入江 だらしなく感じられるんですよ。髪がヘンに割れて、地肌が透けて、貧相に見えるなんてことも。

保科 だからこそひと手間かけて、スタイリングで「丁寧につくっている感」を出しましょう。とはいえ、言い換えれば、うねりは髪全体ではなく、前髪だけなんとかすればOKなんです。

藤本 そう考えるとポジティブな気分に。だって全体のうねりを取るとか大変すぎて! では、今回もモデル・保科さんで、スタイリングの仕方を教えていただきましょう。

次ページ▶︎ うねりコントロールのコツはオイル使いにあり

顔周りのうねりはどう制する?
▼右にスワイプしてください▼

  • 1
  • 2