1

美容のプロがおすすめ!肌が変わる40代の正しいクレンジング・洗顔の方法

36
 

「美容は毎日コツコツお手入れするのが一番の近道」と言われるけれど、長年やっていた肌のお手入れが間違っているとしたら? 「正しいスキンケア方法でしっかりお手入れすれば、今よりももっと手応えを感じるはずですよ」と語るのは美容家の瀬戸口めぐみさん。40代、肌のエイジングを感じた今だからこそ、今一度スキンケアの基本のキをしっかり実践することが「きれい」の近道になるとか。

大人のスキンケアの基本編として、今回はクレンジングと洗顔のお手入れ法をご紹介。あなたのスキンケア法、間違っていませんか?

 

瀬戸口めぐみさん/美容家
自然派化粧品ブランドで28年間ブランドディレクターを務める傍ら、エステティシャンとしても活躍し、国内外のセレブリティを顧客に持つ。また、述べ1万人以上の施術を経て独自で開発した「手美容」メソッドは、その即効性から撮影直前に訪れる女優たちの間でも評判に。多くのメイクアップアーティストにマッサージの技術指導も行っている。 2021年秋に独立し、現在は紹介制プライベートサロンを運営。

瀬戸口めぐみさんは、女優やタレントをはじめ、美容のプロたちがプライベートで訪れるエステサロンを主宰しています。そこではサロン帰りだけではなく、いつでも持続可能なキレイを叶えるお手入れ法も教えているとか。さっそく、40代のスキンケアの基本を教えてもらいましょう!

 


クレンジングの基本のキ!

さくらんぼ? それともピンポン玉?
4つのポイントを押さえて正しく落とす


美肌への近道は、まずは「汚れを落とす」クレンジングが大切になります。クレンジングは落とすだけでなく、固くなった肌を柔らかくして、さらにその後に使用する化粧品の効き目もグッと高めてくれる効果もあります。この2つのステップを正しく、そしてていねいに行うだけで肌のごわつきもなくなるし、変化も実感できるんです。ここでクレンジングをする際の注意点を4つ紹介します。


使用アイテムはこちら!

 

スック ヴィアルム ザ クレンジング クリーム 125g ¥11000/エキップ

 

「メイクの汚れをしっかり絡め取り、洗い上がりはすっきり&しっとり。重すぎず、軽すぎずのテクスチャーが心地良いですね。」(瀬戸口さん)。

クレンジングの掟・1
クレンジングの量はケチらず使う! 少し盛るくらいがちょうどいい

 

クレンジングの一番のポイントは「量」。これがものすごく大事なんです。少ない量だと肌への負担が多くて赤みや刺激、肌トラブルの原因になります。ここはケチらず、使ってください。40代の肌には、500円玉やマスカット粒くらいの大きさの量が理想。スキンケアブランドが適量と書かれている量に「ほんの少し盛る」を目安にしてください。

クレンジングの掟・2
クレンジングはほぐしてから肌にのせること

 

適量を手のひらに取ったら、くるくると柔らかくほぐすことを忘れずに。このひと手間で、メイクや皮脂汚れがクリームに絡まり、すっきりと落とせます。

クレンジングの掟・3
顔全体に均等に行き渡らせるために5点置きする!

 

適切な量を顔全体に均等に行き届けるために、額・両頬・鼻・あごの5点に置いてから肌になじませましょう。しっかりメイクをしている時は頬部分に多めに置くといいですよ。

クレンジングの掟・4
指を小刻みに動かして汚れを絡ませて

あご部分はあごを前に突き出すように、額や小鼻は上から下へ、逆回転をしながら下から上へ円を描いて。細かな角栓もすっきりオフできます。

肌への負担をかけずにメイク汚れを上手に絡め取るには「力加減」が大事。ゴシゴシ・グイグイでは肌に負担をかけるのでNG。理想は指を軽く曲げて、指の腹を使ってくるくるとらせんを描くようになでてください。


最後は流水でしっかり洗い流しましょう。この時もゴシゴシは厳禁です。特に目まわりの筋肉はストレスや疲れで熱が溜まりやすく、むくみの原因に。「なでる」ケアですっきり落としましょう。