ミモレのご婦人方とつくる『恋するNY』では、先日から『本当は、これに挑戦してみたいの』をテーマにメッセージをお寄せ頂いています。今回は都内在住、藍美さんの挑戦です。

現在40代半ばですが、30代前半に留学できなかったことをいまだに後悔しています。当時の彼(現在の夫)に、「1年も待っていられないよ」と言われたため、留学せず結婚しました。あれから10年以上経つのに、「あの時、留学していたら私はどうなっていたかな?」と思う時が沢山あります。さすがにこれから留学しようとは思いませんが色々と考えますね。その代わりというわけではないですが、留学をして海外で暮らす夢は果たせなかったけど、仕事の休みは必ず海外旅行へいくことで折り合いをつけています。この2年はコロナで全く海外に行けなかったので、私がこれから挑戦したいことは『以前のように海外旅行に行く』ことです。

 

藍美さん、メッセージを頂きありがとうございます! 藍美さんとは逆に、私がニューヨークへ行くことを決めた際、当時のパートナーに「君は一人でも生きていけるよ」とフラれたことを思い出しました(苦笑。 藍美さんのように、私も自分の選択に後悔はありませんが「あの時、違う選択をしていたらどうなっていたかな?」とこのメッセージを読みながら想像しました。

大人になると、「人生は思い通りにならないことが多いな〜」と思い知る場面が増えるものの、休みに必ず海外旅行をすることで新たな楽しみを見出している藍美さんはとても建設的で、日々を豊かにしようと行動されている姿が素敵です!

そして、留学ができなかった代わりに旅行をされているとのこと。ショートステイからできる短期留学コースは沢山ありますし、語学であれば開催期間は限定されてしまいますがNY図書館では無料の英語レッスンを開催しています。あとこちらはオンラインですが、イェール大学、スタンフォード大学などの名門大学、Google、IBM などの優良企業がプロデュースするコースをオンラインで受講できる 『 コーセラ(Coursera)』 もおすすめです。無料コースも豊富なので気楽に参加できますし、これを使えばオンラインでのバーチャル留学体験ができますね♪

私もこの夏からは旅を再開しようと計画中です。コロナ禍は在宅で自粛していたため旅行をすることが億劫になったり、現地での感染、治安などを心配する声も聞きますが、お互いさまざまなことに気をつけながら、旅を楽しみにしましょう♪

できてないんだけど本当はやりたいこと、自分には少しハードルが高いなと遠ざけていること、子供が手を離れたら挑戦したいと決めていること、ちょっと勇気がわかないのだけれどずっとこれがやってみたいと思っていることなど。どんな些細なことでも『本当は、これに挑戦してみたいの』というメッセージをお寄せください。

下記NAOのインスタグラムアカウントをフォローの上DMでお送りください。掲載希望のお名前、年齢、お住まいの地域も可能な範囲でご記入ください。皆さんの“本当の声”をもとに「恋するNY」を作ってみることが私の挑戦です♪ 一人の声を聞くことから、私たちに気づき、変化をもたらすような場を目指しています。

ご連絡いただいた方の中から、掲載させて頂く方にのみ折り返しご連絡を差し上げます。あらかじめご了承ください。個人情報は第三者に開示・提供はいたしません。